APS

 Mac版 Adobe Photoshop CS6の最終バージョンは「13.0.6」だとAdobeから公式のプレスリリースがりました。当方はMac OS X High Sierra 10.13.6で運用中ですが、CD-ROMからインストールしただけのPhotoshop CS6のバージョン「13.0.0」では、ショートカットが使えないなどの不具合が発生しています。しかしこれは「13.0.6」を使えば復活します。ただし使用には「Java for OS X 2017-001」をインストールしなければなりません。ちなみにこのJava for OS X 2017-001はHigh Sierraまでとなっており、Mojaveでは未確認ですのでご注意ください。

 今後、必要になれば「Mojave」「Catalina」とOSをアップグレードしなければなりませんが、そうなった時Photoshop CS6が実用的に使えるとは限りません。すでに「CatalinaではCS6アプリが使えない」というレポートも見つかります。ですので、現在Adobe Photoshop CS6を使用されている方は、AdobeがPhotoshop13.0.0から13.0.6へのアップデータ供給を辞めてしまったため、最終バージョンである「13.0.6」のバックアップを必ず取っておくようにしましょう。

 MojaveでAdobe CS6アプリケーションについては、起動できるアプリはいくつかあるようです。多くのユーザーを抱えているPhotoshop CS6も「起動できる」とされています。しかし「起動できる=使える」ではありません。当方の環境ではYosemite以降、Illustrator CS6、InDesign CS6は起動はできても作業時にすぐ落ちてしまい、実用的には使えません。ですので、以前この記事でリポートした通りCS6アプリケーションを安定的に運用したいならmacOS 10.10 Yosemiteをおすすめいたします。