弐拾郎のデジタルDiary

このブログはApple、iMac、iPad、iPhone、Adobe、グラフィックデザイン、イラスト制作について思いつくまま書き綴っている日記です。


最新記事

 私には仕事でよくご一緒させていただいているライターの方いて、その方は元アニメ業界にいらっしゃった方なのですが、その方が言うには「私がいた頃は女性は珍しく、セクハラなんて当たり前だった」「男社会で徹夜ばかり。とにかくみんな汚かった」そうです(笑)。時代 ...

 いわゆる「アニメ塗り」には欠かせない「透明部分の保護」(はみ出し防止)機能ですが、Tayasuiでは「不透明度をロック/アンロック」という名称で実装されました。ただ、Adobe Photoshop Sketchと同じく同一レイヤー上でしか機能しません。つまり、ベースの部分と陰の部 ...

「オブジェクトのアウトライン」を適応すると、なぜか少しテキストが太ってしまうのですが、テキストをアウトライン化すれば問題ないようです。  「ざぶとん(座布団)」とは、古い時代のデザイナーなら「色ベタ・文字白抜き」「色ベタ・文字色抜きあわせ」「色ベタ・文字 ...

 私の現在の作品イラスト制作環境は、iPad mini(第二世代)とタッチペンでTayasui Sketchesを使って下絵を描き、それをMacに転送してAdobe Illustrator CC(イラレ)のレイヤーに埋め込み、そしてそれをパスでトレースしつつ線を整理しながら絵を描く、という方法を採用 ...

仕事で使っている「フォントガイドブック for DTP(1996年度版)」にも、それは「堂々と」掲載されています。  イラスト描きや絵師さんにとって、同人誌やフライヤー、名刺など頒布する印刷物を制作する以上、「グラフィックデザイン」という作業から逃れることは(誰かに ...

Adobe Illustrator CC 2018のスプラッシュ画面。イラストの是非はともかくも、バージョン年号くらいどこかに大きく表示すべきでは?  昨年秋リリースされたイラレCC2018には「文字組が崩壊する」という致命的なバグがあり、Twtter界隈で大騒ぎになったこともあって、私はCC ...

macOS Mojave(モハベ)のダークモード。これが今回の基調講演で一番盛り上がった瞬間って・・・苦笑  今年は例年になく地味な内容・・・と言えるんでしょうか? 新ハードウェアの発表はありませんでした。基調講演の内容は (1)iOS12 (2)watchOS (3)tvOS ( ...

 今年の『WWDC 2018』で噂されているものは ・iOS 12 ・macOS 10.14 ・Apple Watch関連 ・新型Mac Pro(通称「ゴミ箱」の後継機) ・新型MacBook(MacBook Airの後継機) ・iMac、MacBook、MacBook Proなどのスペック刷新 ・AirPower(ワイヤレス充電規格) などですが ...

ついにこのスプラッシュスクリーンを目にする時が来てしまいました。  どーもあの「丸っこい」アイコンが気に入らない私ですが、どうやら広告業界も「やっと」イラレCCが標準になりつつあるようです。周りの広告代理店、印刷会社、制作会社もほぼCCに切り替わりました。中 ...

 Appleはスマートフォンを発明したとよく言われますが正確にはそれは間違いで、2007年以前でスマホの市場を独占していたのは「BlackBerry」でした。しかし、それは小型の物理キーボードを有した慣れなければ非常に使いづらいもので、ビジネスツールとしては人気があった ...





↑このページのトップヘ