IMG_0126
あいかわらず適当すぎる下絵(笑)。ここからイラレに持って行って、チマチマとパスでトレースしながら描いています。




 私の現在の作品イラスト制作環境は、iPad mini(第二世代)とタッチペンでTayasui Sketchesを使って下絵を描き、それをMacに転送してAdobe Illustrator CC(イラレ)のレイヤーに埋め込み、そしてそれをパスでトレースしつつ線を整理しながら絵を描く、という方法を採用しています。その下絵ですが、以前からiPad miniにインストールしてあるAdobe Photoshop Sketchがバージョンアップし、機能が充実したようなので、現在制作中のイラストの下絵は、この「Adobe Photoshop Sketch」で描いてみることにしました。

 描いてみた感じですが、描き心地はものすごくナチュラルで、Tayasuiに匹敵する印象です。ただ、Tayasuiに比べると若干引っかかる感じがあるので、iPad mini(第二世代)のスペックだと少しストレスを感じます。ですが、最新のiPadなら問題ないかもしれません。機能は描くための最少限度のブラシしかなかった以前のバージョンからバージョンアップし、ブラシ種類の追加(左下の「+」をタップすれば表示される)、編集機能(拡大・縮小・変形・反転)、用紙種類の追加など充実し、やっと「実用になるお絵かきアプリ」になった印象です。とくに水平方向反転機能は絵を描く際には必須の機能です。あとは部分選択とその変形機能が欲しいところですが、今後追加されるかもしれません。

 使用にはAdobe IDの取得が義務付けられますので、それがちょっとウザいと感じるかもしれませんが、既存のAdobeユーザーならそのIDがそのまま使えますので問題ないでしょう。そのアカウントを使えばAdobeのクリエイティブ・クラウドとファイルの同期できますので、当然ですがAdobeのデスクトップ・アプリケーションとは相性が抜群です。

 無料のiPad用イラスト制作アプリといえば「アイビスペイント」「メディバンペイント」が鉄板ですし、これらの方が機能も充実しています。しかし逆に機能が多すぎて把握に時間がかかりすぎたり、描き心地がデジタル的なのに違和感があるのなら、この『Adobe Photoshop Sketch』は有力な選択肢になります。ただ、透明部分保護機能(「内部をペイント」機能、つまり「はみ出し防止機能」はあるが、ベースと陰を別レイヤーにできない)やバケツツール(主線で囲った範囲の一気塗り)がないので、いわゆるアニメ塗りやグラデ塗りには向いていません。あくまで「スケッチや絵画的な塗り」に向いたアプリですので、その点はご理解の上、試用してみてください。