DSC00622
営利目的のブログは記事を楽しんで書いていない感が漂うような気がします。コピペ+一言感想のみという手抜き感アリアリ(トレンドブログとか)なのものもよく見かけますね。(写真提供:FreeBackPhoto




 私は当ブログを含めて4つのブログを運営していますが、最古の映画ブログは10年を超えて運営中です。なぜブログ運営を始めたかは以前「ブログを続ける「意義」と「意図」」の記事で説明した通りですが、始めた当初は「ブログで稼ぐ」などというのは一切考えていませんでした。ところが2014年頃になにげなくアドセンス申請したところ審査に合格してしまい、ブログを書くモチベーション維持にもなるので自分のブログに広告を貼り始めたのです。しかし、どちらにしても「自分自身にとって興味があること」しか書く気がない私が書くブログは、結局ニッチなニーズのブログ(笑)にしかなり得ません。ですので、この「イラレで萌え絵を描く」という、究極までにニッチな内容のブログに突然大量のアクセスがやってくる、などというのはありえず、そのPVはせいぜい5,000PV/月程度です。

 では、その5,000PVの収益ですが、かの有名なイケハヤ氏によると以下のようになります。

1万PV:〜1,000円
5万PV:3,000〜10,000円
10万PV:10,000〜50,000円
20万PV:50,000〜100,000円
30万PV:100,000〜150,000円
40万PV:150,000〜200,000円
50万PV:200,000〜250,000円
100万PV:500,000〜750,000円
150万PV:750,000〜1,250,000円
200万PV:1,000,000〜2,500,000円
250万PV:2,000,000〜3,000,000円

引用元:ブログの閲覧回数と報酬の関係。「収益早見表」を作ったよ。


 つまり500円ですね(笑)。以前「コーヒー代程度」と言っていたのはこういう意味です。ですが、他の3つのブログを合計すると5万PV/月くらいにはなりますので、ちょっとしたおこずかいにはなっています。しかしそのおこずかいもブログを書くための資料代、個展や展覧会などの入場料に消えていますので、実質実入りはないに等しいですね。ですので「趣味と実益のブログ」ならぬ「趣味と趣味のための実費を稼ぐブログ」(笑)と言えるでしょう。

 上の表によると、50万PV/月あれば本業として収益の柱に据えられ、100万PV/月があれば悠々自適にブロガーライフを送れる、となりますが、プロブロガーを名乗るのなら、この状態を年金支給年齢の65歳まで維持しなければなりません。つまり、25歳で始めたら40年ですね(笑)。絶対不可能とまでは言いませんが、トレンドの移り変わりが激しいネット界において、かなり険しい道だとは予想できます。ですので、稼ぐだけ稼いだらタレントや作家やライター、セミナー講師やコンサル業、株や土地、不動産、仮想通貨などの資産運用、会社や店舗経営など実業への転換が必要になります。そうなると当然「投資リスク」が発生しますので、その事業が必ず成功するとは限りません。結果、専門知識の取得や市場調査などのスキルが必要になり、それなりに努力しなければならず、「だったらサラリーマンの方が楽して安全に老後が迎えられるんじゃいないの?」ということになり、もはやどっちが幸せだかわからない状態に(笑)。やはりこういった「虚業」は副業にとどめておき、「実業」こそ主業にしておくべきだと私なら判断しますね。

 このように副業なら可能性のあるブログ運営ですが、ノーリスク・ノーコストで始められるので、参入障壁が低い=レッドオーシャンとなり、同業者はあまた存在します。一番安易なテーマは「ブログで稼ぐ方法」というやつで、俗に「ビジネス商材」と言われるものです。実態は「儲けるためには儲かる方法を実践するより、儲かる方法を教える方が儲かる」という、昔からある定番商法です。「絶対損しない株の儲け方」「大儲け確実なギャンブル必勝法」「ブログで稼ぐ方法教えます」・・・どれも同じですね。ですがこちらもすでに飽和状態なので、更新停止したブログも数多くヒットします。「ブログで稼ぐ方法」というテーマのブログが更新停止してしまっては、「ブログでは稼げない」と言っているようなものなのですが、運営者は気にせず放置しているようです。

 イラストレーターなら、アプリケーションの使用方法、イラストの描き方や案件獲得のための営業方法など「ノウハウ系ブログ」を運営している方も数多いようです。しかしこれもすでに数多く存在していますので、新規参入してもそのイラストレーター自身にネームバリューがないと大量のアクセスを集めるのは難しいでしょう。

 女性なら育児系ブログが現在大増殖中ですが、当の子供も成長してしまえば面白いことはしてくれなくなるので、旬な期間は3〜5年程度でしょうか。その間話題になり書籍化までたどり着けば素晴らしいですが、印税収入は一過性なものに過ぎません(発行部数×印税率で一括払いの場合が多い)。それに新しい育児ブログが次から次へと生まれてくる現状を見ると、長期維持には向いていないテーマでしょう。

 一時期流行した「2ちゃんねるまとめブログ」や、旬の話題の情報を提供する「トレンドブログ」(・・・と言ってもほとんどがwikipediaのコピペですが。笑)ですが、すでにピークは過ぎているでしょう。トレンド系ブログは情報鮮度が命なので、旬のネタを常に追いかけていなければならず、ブログ運営の負担が大きいのがデメリットです。複数人で運営すればその負担を軽減できますが、当然経費もそれだけかかることになります。それにトレンドは今やTwitterで追うのが主流ですので、今後衰退の一途を辿るのではないか、と想像しています。

 また、これはブログ運営全体に言えるのですが、Googleはアドセンスの運用条件を年々厳しくしている印象があります。つまり「更新頻度が高く、有益な情報が掲載されていて、その情報密度が濃いブログでないと広告を貼らせない」ということです。対SEO対策も講じてきています。WELQ問題が発覚し、そこから潮目が変わった印象がありますが、この傾向は今後ますます強くなると予想されます。

 インターネットの世界を俯瞰すると、ニュースを知りたければニュースサイト、ライフスタイルに関することなら生活情報アプリ、情報の速報性とコミュニケーションならSNSと棲み分けが定着しつつあります。ではブログは何かと言うと「知識・知恵」を提供するメディアだと言えるでしょう。「知識・知恵」を伝えるためには多くの文字数と写真・イラスト・図面・動画を駆使し、情報をまとめなければなりませんが、それにはブログが最適です。ブログはオワコンと言われましたが、それは日記としてのブログであって、「知識・知恵」を伝えるメディアとしてのブログはまだまだ有効だし、それは今後も変わらないのではないかと思います。つまり「多くの人が必要としているレアな知識や知恵」をブログのテーマにすればアクセスを稼げる、ということです。

 私が5万PV/月の大部分を稼いでいる映画ブログは、その「レアな知識や知恵」が満載で、ネット上にある情報だけでは当然足らず、書店や古書店、図書館などで資料を集めるなどしています。また、トレンド系ブログのように流行を追うものではないので、そのブログで一番アクセスを稼いでいる記事は3年前に書いた記事です。ただ、あまりにもニッチなニーズ(笑)なので、「多くの人が必要としている」の部分はクリアできず、これ以上のPVを集めるのはおそらく不可能でしょう。でも、そのブログはかれこれ10年以上も続けていますし、おそらくライフワークになってしまうんでしょうね。

 このブログをいつまで続けるかは未定ですが、イラストを描くことはライフワークになるでしょう。グラフィックデザイナーという仕事は今後どうなるかわかりませんが、オファーがある限りは続けたいと思っています。そうなんです、結局は「継続は力なり」なんですね。採算ベースで考えれば「儲からない→辞める」しか選択肢はありませんが、趣味ベースで考えれば「儲からない→けど好きなので続ける」となります。ブログは続けることに意義があるので、儲かる儲からないははひとまずおいておいて、自分の好きなことをブログに書き、それが収益を産めばいいな、という感覚で始めるのが一番長続きするし、楽しいし、精神衛生上よろしいのではないかと思う今日この頃です。