スクリーンショット 2018-10-31 9.34.29
Apple Pencilは素晴らしい。素晴らしいだけに「iPad mini」で使いたいんだよなあ。




 発表になりました新iPad Pro、新MacBook Air、新Mac miniですが、ほぼリーク通りでした。ちょっと意外なのは新MacBook Air。Airの名前はもうやめるのかと思っていたのですが、意外にも継続してきました。しかしMacBookのラインナップがすっきりしない。新AirはAirと言いながらMacBookより大きい。対してポートはMacBookよりも充実してるという矛盾を起こしています。USB-CがひとつしかないMacBookは、はっきり言って先走りすぎて失敗だったと思っています。MacBook Proはタッチバー搭載、MacBookはタッチバー非搭載、MacBook AirはMacBookの廉価版という見た目にはっきりとわかるラインナップに整理すべきですね。

 ところで、旧MacBook Airも引き続き併売していますので、値段で選ぶならこちらでしょう。通常のネットブラウジングやテキストベースの作業なら問題なくこなせます。データの重さにもよりますが、イラレもサクサク動きます。私の所有機はEarly 2015ですが、まだまだ戦えていますよ。

 で、今回の発表で一番気になったのが新Apple Pencil。「転がりやすい」「iPadに収納する場所がない」という不満を一気に解消してきました。長さも1cmほど短く16cmになって扱いやすそうです。しかし、重さにはさほど変更はないので、肩こりな私は少し重く感じるかもしれません。太さは旧タイプと同じです。気をつけなければならないのが、新Apple Pencilは新iPad Proにしか対応していない点。旧iPad Proには旧Apple Pencilしか使えないのです。このあたりはちょっと残念。

 待ち望んでいた新iPad mini(Apple Pencil対応)は今回もなし(泣)。もう待ちくたびれてしまいましたが、さんざん待たされた新Mac miniの発表が今回あったので希望は持てます。AppleはiPadをシームレスなデジタルノートデバイスにしたのでしょうけど、それなら「ちょっとちっちゃいノート」のニーズもあることを知ってほしいですね。