DSC00784純正のメモアプリでしか試用できなかったのは残念。




 「冷蔵庫にくっつく」と評判(笑)の、新iPad Proと新Apple Pencilを触ってきました。まあ、あちこちにレポがすでにアップされているので、あまり目新しい話ではありませんが、日常的にiPad mini+タッチペンで落書きをしているので、絵描き目線でレポしたいと思います。

 まず、行って見てびっくり、新iPad Proの周りには多くの人だかりが。それだけ話題になっているということだし、触ってみたいという人が多かったのでしょう。おそらく全国のAppleストアでそうだったのだと思いますが、アポストのない地方では大手家電量販店にデモ機がおいてある可能性、もしくは今後置かれる可能性があるので、まずは実機を触ってみてほしいと思います。

 その上で言えることなのですが、残念なことにお絵かきアプリはインストールされておらず、とりあえず純正のメモアプリでしか試用できなかったのが残念です。これではお絵かき用としての新iPad Proのパフォーマンスが確認できません。来年になればiPad版Photoshopがリリース予定ですが、それまで待てないという方はネット上にCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)やProcreateの使用感のレポがあがっているのでそれを参考にしてください。

 新iPad Proはベゼルが細くなってサイズが小さくなりましたが、その分手に持つと画面に指がかかってしまうという難点があります。実質親指を置くスペースはありません。もちろん机において描けば問題ないのですが、立ったままだったり寝っ転がって使いたいという場合は少し注意が必要です。裏にスマホリングを貼るという方法もあるのですが、賛否あるでしょうね。

 新Apple Pencilは円の断面の一面を削ぎ落としたような形状をしています。ですので、旧型に比べて転がりにくくはなっていますが、転がらないというわけではありません。噂のマグネット充電は素晴らしいく、シームレスに使えます。ただ、間にケースを挟むと充電できませんので、その部分がカットされた専用ケースを使う必要があります。表面はマット仕上げで滑りにくくなり、長さも約1cm短くなって平面部分に人差し指を置けばかなり手にフィットします。腹をダブルタップすることによって指定のジェスチャを割り当てられます。これは便利。

 肝心の描き心地ですが、ペン先の滑りがちょっと良すぎる印象です。個人的にはもう少し抵抗感があったほうが良いのですが、そういった場合は画面に保護フィルムを貼るなどの対策が有効かと思います。Apple Pencilの描画パフォーマンスについては今更言うまでもなく素晴らしいです。この描き心地を一度味わうと、Androidなど他のタブレット端末や液晶タブレットには戻れなくなるでしょう。

 私もiPad mini+タッチペンというかなり型落ちな環境でデジタルお絵かきを楽しんでいますが、この「どこでもどんな体制でも気軽にお絵かきができる」という点において、iPad Pro+Apple Pencilという組み合わせは最強だと思っています。お絵かきの資料もネットで探せますし、お絵かきに飽きたらYouTubeでもニコニコでも見放題。TwitterやFacebookなどのSNSをしながらでも、音楽を聴きながらでも、ベッドで寝っ転がってもコタツでもソファでも場所や体制を選びません。イラスト描きの人は長時間椅子と机にかじつくので腰痛持ちが多いのですが、こういった「体制も場所も選ばない」という気軽さは腰痛軽減にも役立ちそうです。もちろん気合い入れて描く際は机に向かって、ということになるでしょうけど。

 以上ですが、問題はやはりその価格ですね。新iPad Pro+新Apple Pencilで最低でも10万円超えは覚悟せねばなりません。プロならその金額を払う価値がありますが、学生さんやアマチュアにはなかなか厳しい金額です。私はと言えば来年発売予定のiPad版Photoshopの状況を見極めてから決めますが、そんな高価なものを買うほどの画力はないという問題は依然として残ります(笑)。個人的にはタッチペンでもお絵かきや落書き程度なら十分にこなせると思いますので、学生やアマチュアの方なら、まずは一番安価なiPad Air+タッチペンでデジタルお絵かきに慣れてから、というのも全然アリだと思っています。もちろん本気でプロ・イラストレーターを目指すなら、最初から新iPad Pro+新Apple Pencilを多少無理してでも買うべきだと考えます。アート・イラスト系の専門学校やスクール、講座では標準装備として用意しておくべきレベルです。というか、おそらくそうなる(なっている)でしょうね。