猫娘でにゃあ
(c) Futajyuro Iwasa : Adobe Illustrator CC for Mac, CMYKmode, All Vector Graphics,90.5MB,8/24/2019




 デジ絵・萌え絵の第44作目『猫娘でにゃあ』です。このイラストでは以下の課題を設定し、そのノウハウの吸収に努めました。

(1)オリキャラのデザインを考える

 前回のミクさんは既存のキャラなのでそれに寄せたのですが、今回はオリジナルですので、キャラデザをどうするか悩みながら描きました。描くたびに「どうしようかな・・・」と悩むのですが、他の絵師さんのイラストを見るたびに「こういうの可愛いな、ああいうのも可愛いな」と浮気ばかりしています(笑)。まあですが、そろそろ方向性だけでも絞り込みたいので、自分が無意識で描く女の子の傾向を踏まえつつ、方向性を絞っていこうかと思っています。

(2)苦手な和服に挑戦する

 浴衣や着物、巫女服などの和服は体型を「潰す」のが基本です。つまり紙人形のようにぺったんこにするんですよね。昔の話ですが、妻がウエストにタオルを巻いているのを見て、妙に感心した記憶があります。ですが、それをリアルに描いても「萌え(微エロ)」にはなりません。現実にはありえない、薄い生地で体型が透けているように描かないと「服の中の体はこうなっているのか・・・萌」みたいに感じてもらえないのです。でも、あまりやりすぎると「外国人のおねえちゃんが体型丸出しで浴衣着てカッコ悪くなってしまっている」感が出てしまいます。そのさじ加減が難しいんですよね。

【総評】

 このイラストに関して書きたいことは書きましたので、特に付け加えることのないのですが、このイラストの下絵はこれです。実はこれをイラレでそのままトレースしたわけではなく、もう一段階清書した下絵を挟んでいます。まあでも、こんないい加減な下絵でもトレースしながら修正しつつ、完成まで追い込んで行けるのはイラレならではですが、下絵の完成度が高ければその後の作業も早いので、イラレにばかり依存するのではなく、下絵の完成度も手数を少なくしつつ上げていきたいですね。Apple PancilとiPad miniを買ったことですし。