c4fc9c64451fa57ff96a7049fc7a0535

 GW10連休と元号の変わり目のお祭り騒ぎで、すっかりiPad mini 5の入手困難騒ぎのことを失念していたのですが、GW明け(2019年5月10日)にふと思い出してビックカメラに立ち寄ったところ「在庫は潤沢にありますよ」とのこと。いささか拍子抜けしつつも、お持ち帰りで購入してきました。ビックカメラさんだと、iPad miniはポイント10%、Apple Pencilはポイント5%還元だそうですので、iPad miniを現金で購入し、そのポイントと貯めていたポイントを合算してApple Pencilを全額ポイントで支払うという形になりました。

 私がiPad miniにこだわった理由は以前記事にした通り

・片手でしっかりと持てるので、落としそうになる不安がない

・手を画面の外におけるので、パームリジェクションの誤動作を心配しなくていい

・外出先で絵を描いていても、画面が小さいので覗かれるリスクが少ない

・ジャケットのポケットなど、大きめのポケットであれば入れることができる


ですが、第5世代でやっとiPad miniがApple Pencilに対応。いや、長かったですね。昔、思い余って以前こんな落書きを描いたりもしていました(汗)。

 さて、購入したのはWi-Fiタイプの64GB版、つまり一番リーズナブルなやつです。私のiPad miniの用途は

・お絵かき(下絵や落書き)

・ネット閲覧、メールチェック、ブログ執筆・更新

・動画や音楽の視聴(ストリーミング)

・電子書籍(頻度低めですが、これから増えるかも)


ですので、64GB版で問題ないとの判断です。今までがiPad mini 2の16GBでしたから、とりあえずはこれで十分でしょう。まあ、いざとなっらたGoogle Driveがあるので、不足することはないと思います。ところで搭載チップ「A12 Bionic」の威力はすごいです。サクサクです。これは今年発売になるiOS版Photoshopを睨んでのスペックアップだと思います(チップの余剰在庫処理という話もあるそうです。笑)。

 私は仕事でイラストを描いているわけではなく、あくまで「趣味」なので(イラストレーターさんへの発注は仕事ですけど)投資は慎重になります。「iPad(タブレット端末)で絵を描く」という感覚を理解するため、初代iPad miniを中古で購入したのが2017年5月、同じく中古のiPad mini 2を知り合いに譲っていただいたのがが同年の6月。最初はペンタブレットでイラストを描こうとして挫折し、高価な液晶タブレットを買うほどの画力もなく、仕方なしにイラレで萌え絵を描き始めたものの、ペン入力でイラストを描いてみたいという気持ちも捨てがたかったため、たどりついたのが「iPad mini+タッチペン」という環境でした。しかしタッチペンでは入力と描画で線がずれたり、筆圧感知がなかったりで、やはり限界はあります。そんな私にとってApple Pencilは垂涎の的だったのですが、あしかけ3年をかけてやっと手に入れました。

 というわけで、念願のiPad mini 5とApple Pencilでお絵かきを楽しみたいと思います! ちなみに、今まで使っていたiPad mini 2は義妹の許へと旅立つ予定。彼女は今まで私が最初に購入した初代iPad miniを使っていたので、それと交換です。初代は処分ですね。私の手元にはたった1ヶ月しかいませんでしたが、義妹は低スペックにも関わらず3年間も愛用してくれました。iOS11までしか乗らない旧機種だったけど、安価でいいマシンだったよ。おつかれさま、初代iPad mini。