Tokyo_Station_original_shape
開業時の東京駅

東京駅wikipedia:東京駅より)

歴史

 1889年(明治22年)に神戸まで全通した官設鉄道の新橋駅と、私鉄・日本鉄道の上野駅を結ぶ高架鉄道の建設が東京市区改正計画によって立案され、1896年(明治29年)の第9回帝国議会でこの新線の途中に中央停車場を建設することが可決された。施工は大林組が担当。日清戦争とその後の日露戦争が終わった1908年(明治41年)から建設工事が本格化し、1914年(大正3年)12月20日に開業した。中央停車場は皇居(宮城)の正面に設定され、「東京駅」と名付けられた。

 ドイツから招へいされて日本の鉄道建設を指導していた技術者フランツ・バルツァーにより駅の位置や規模、構内の配置が決められた。駅舎は繁華街のある東側(現在の八重洲側)ではなく、陸軍の練兵場跡地だった西側(現在の丸の内側)と決まった。皇居の正面と対峙することになり、国家の象徴的な位置付けであった。プラットフォームはレンガ積の高架式で新橋駅まで複々線の高架橋が計画された。東側には貨物ヤードが置かれることになった(後に車両基地に変更)。バルツァーは日本風の駅舎を提案していたが日本側に反対意見が多く実現しなかった。

 駅舎は辰野金吾と葛西萬司が設計し、埼玉県深谷市から鉄道輸送されたレンガと鉄筋造り、3階建て総建坪9,545m2・長さ330mの豪壮華麗な洋式建築である。南北にそれぞれドーム状の屋根があり、当時は丸の内南口が乗車口、丸の内北口が降車口と分けて使用されていた。中央の玄関は皇室専用とされ、規模は小さいものの、細かい装飾が各所に施されていた。中央玄関と東西の一般出入り口との間に、各1つ別の出入り口があるが、これは荷物の搬入搬出口として設けられた。開業年の1914年は第一次世界大戦の開戦の年でもあり、青島の戦いを指揮した陸軍司令官神尾光臣中将が凱旋し、皇居に参内するイベントに合わせて開業式を行った。

 アムステルダム中央駅が当駅舎を設計する際のモデルになったという説があるが、1988年以降に藤森照信らをはじめとする西洋建築研究者により設計者の系譜や建築様式の両面から、否定的な意見も出ている。辰野は英国留学の経験がありロンドンのターミナル駅を参考にした可能性もある。

発展

 1919年(大正8年)3月1日に中央本線が、1925年(大正14年)11月1日に東北本線が乗り入れ、1929年(昭和4年)12月16日には東側に八重洲橋口(現在の八重洲口)が開設するなど、徐々にターミナル駅としての体裁を整えていった。

 1923年には関東大震災で被災したものの大きな被害はなく、1935年と1940年の満州国皇帝の溥儀の来日においては昭和天皇が出迎えに来たほか、チャーリー・チャップリンの東京来訪や、1938年のヒトラーユーゲントの来日などにおいては東京の玄関口として機能した。

戦災と復興

 しかし、太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)5月25日、アメリカ軍による東京大空襲では丸の内駅舎の降車口に焼夷弾が着弾、大火災を引き起こした。これによりレンガ造の壁やコンクリート製の床など構造体は残ったが、鉄骨造の屋根は焼け落ち、内装も大半が失われた。

 同年8月の終戦直後から修復体制を整えて計画を立案し、年末から1947年(昭和22年)にかけて修復工事を行った。3つのドーム部分の外壁は修復したが、安全性に配慮してその他の焼失の著しかった3階部分内外壁は取り除いて2階建てに変更、中央ドームは木造小屋組で元の形に復原、南北両ドームは丸型から台形に変更、軒蛇腹・パラペット・壁面・柱型・窓枠などは2階建てになっても忠実に復原、南北ドーム内のホール天井はローマのパンテオンを模したデザインに変更、といった内容だった。

 できるだけ早期に本格的な建て直しをするつもりで「4、5年もてば良い」とされた修復工事だったが、占領軍の要求で突貫で進める中でも当時の鉄道省の建築家・伊藤滋や松本延太郎たち、あるいは工事を行った大林組の日夜の努力でできるだけ日本の中央駅として恥ずかしくないデザインによる修復をした逸話が伝えられている。

 一方、八重洲口には、1948年(昭和23年)11月16日にモダンデザイン建築の八重洲駅舎が竣工したが、翌1949年(昭和24年)4月29日に失火で焼失してしまい、1954年(昭和29年)10月14日に鉄道会館ビルが建てられ大丸が開業した。外堀が埋め立てられて、呉服橋、八重洲橋、鍛冶橋が解体撤去された。

現在

 1964年(昭和39年)10月1日に東海道新幹線が開業し、1972年(昭和47年)7月15日には総武地下ホーム、1990年(平成2年)3月10日には京葉地下ホームがそれぞれ営業を開始、1991年(平成3年)6月20日には東北新幹線が当駅に乗り入れるなど、東京駅は順次拡大してきた。

 その後、長らく先延ばしされてきた建て替え計画は、1999年(平成11年)から2000年(平成12年)にかけて、創建当初の形態に復原する方針がまとめられ、500億円とされた復原工事の費用を丸の内地区の高層ビルへの容積率の移転という形で捻出することで、丸の内地区の高層ビル建て替え事業と並行して、東京駅の復原工事が行われることとなった。復原工事自体は、2007年(平成19年)5月30日に起工され、2012年(平成24年)10月1日に完成した。


感想

 東京駅の詳細については、いわゆる「鉄オタ」さんたちにおまかせするとして、「赤レンガの東京駅を愛する市民の会」という会をご存知でしょうか?この会は作家三浦朱門氏、女優高峰三枝子氏を筆頭代表とし、東京駅赤レンガ駅舎の保存を訴えるために設立されました。主な活動内容は署名集めと政治家への嘆願でしたが、ご存知の通り東京駅は建設当初の姿に復原され、この会は解散しました。

 この会の趣旨には賛同していたものの、署名活動などへの参加はしませんでした。その理由は「どうせ無理に決まっている」と思っていたからです。当時、丸の内駅舎の高層ビル化計画がJRから公表されており、JRは旧国鉄時代の巨額の債務を抱えていたこともあり、経済的合理性、赤レンガ駅舎の維持や復元にかかる巨額の費用を考えればJRの判断も止むなし、と考えていたからです。しかしその予想は嬉しい方向に裏切られ、1999年に当時の石原都知事により「東京駅は創建時通り復元」と発表され、ずいぶんと驚いたものです。

東京駅
現在の東京駅

 現在東京駅の前を通りかかると、多くの観光客が赤レンガ駅舎での記念撮影を楽しんでいます。駅前広場も整備され、都心とは思えない心地よい空間が広がっています。ただ、残念なのは駅舎前左右にある換気塔がその雰囲気を壊していること。以前はもっと高かったのですが、景観を考え低くしたのは評価できます。しかし、やはりこの場所には何もないのがベスト。構造的に難しいのは百も承知ですが、将来撤去されることを心より望んでいます。

 余談ですが、この東京駅とは真逆の「醜悪な歴史」を辿っているのが西の大都会大阪の玄関口である「大阪駅」。行き当たりばったりのつぎはぎだらけな醜い姿を晒し続けています。大阪にも中之島公会堂という文化的価値のある建物があるにはあるのですが、数は非常に少ないです。JR西日本はJR東日本を見習って、大阪駅の文化的価値を高めるためにも、ぜひ二代目駅舎の姿で再建していただきたいものです。