Shirokiya_Fire
延焼中の白木屋。脱出シューターが見えるが、この急角度で本当に利用されたのだろうか?

白木屋大火wikipedia:白木屋(デパート)より)

概要

 日本の都市災害史に残る大火災のひとつ。1932年(昭和7年)12月16日午前9時15分ごろ、4階の玩具売り場で火災が発生。地下2階、地上8階の建物の4階から8階までを全焼して午後12時過ぎに鎮火した。火災による死者が1人、墜落による死者が13人、傷者が67人という、日本初の高層建築物火災となった。

 当時、白木屋は歳末大売出しとクリスマスセールが重なり、店内は華やかな飾りつけがなされていた。開店前の点検でクリスマスツリーの豆電球の故障を発見し、開店直後に男性社員が修理しようとした時、誤って電線がソケットに触れたためスパークによる火花が飛び散り、クリスマスツリーに着火。火は山積にされたセルロイド人形やおもちゃに燃え移り瞬く間に猛烈な火炎をあげた。この社員は消火活動をしているうちに煙に巻き込まれ一酸化炭素中毒で死亡した。4階にいた55人の客や店員は驚いて避難を開始したが、火の勢いはますます大きくなり、エレベーターや階段が煙突の役割をして4階から最上階の8階までが猛煙に包まれた。日本橋消防署の望楼勤務員がこの火災を発見し、ポンプ車29台、ハシゴ車3台などを出動させて消火活動にあたったが、ハシゴ車は5階までしか届かず、ポンプも送水圧力が上がらないため5階以上への放水はできなかった。

 日本橋消防署に在籍していた器械体操の経験者が、消防車積載の梯子を外壁に垂直にかけてよじ登り、ロープで固定して避難ルートを作った上で被災者を誘導したが、一部の客や店員らはパニックに陥り、売り場にある布やカーテンを結んでロープ代わりにしたり、女性店員の帯を結んで脱出を試み、途中で切れて転落死した。また、消防部が地上で張った救助ネットをめがけて7階から飛び降りて助かった客や店員が80人前後いたが、目測を誤って地面に激突して死亡した人もいた。

 これを教訓に、神田消防署に特別救助隊の前身となる「専任救助隊」が編成される。

 白木屋店長は、客や従業員を誘導して屋上に避難し(階下に降りられなかったため)、客の生命を守った。

 この火災によってセルロイド製玩具の危険性が社会問題となり、各百貨店の玩具売り場からセルロイド玩具が一斉に姿を消した。しかし、他に代替できる素材が存在しなかったため、しばらくするとセルロイド玩具は再び販売されるようになる。火災以降、セルロイド不燃化や代替素材の研究開発が進められたが、実現したのは戦後になってからだった。

白木屋ズロース伝説

 この火災では、逃げ遅れた高層階の女性店員が転落死している。和服を着ていた女性店員たちはズロースを着けていなかったため、陰部が野次馬に晒されるのを防ぐため風でめくれる裾を押さえようとして、思わず命綱を手放し転落死したとされている。また、この悲劇を教訓として女性へズロース着用が呼びかけられたことで、ズロースを履く習慣が広まり、洋装化が進んだとされている。ただしこの通説には疑問が呈されている。

 まずズロースが原因で転落死したという点について、白木屋専務の山田忍三が23日の朝日新聞で避難活動の様子を談話の形で発表し、5階、4階と樋や命綱を伝わって降りてきた和装の女性店員が2、3階まで来たところで野次馬に見られていることに気が付き、羞恥心から裾の乱れを直そうとして墜落し負傷したケースがあったため、今後は女性店員にズロースを履かせることにしたと述べている。つまり、ここでいう女性店員とは転落死した高層階の店員のことではない。しかし、28日の都新聞の記事では両者が結びつけられ、女性店員が転落死したのはズロースを履いていなかったからだと報じ、読者にズロース着用を呼びかけた。以降、この都新聞の記事の内容が他の新聞でも反復されている。

 火災がきっかけでズロースが広まったとする点についても、火災から1年半後の福岡日日新聞の1934年6月22日の記事にて、90%以上の女性がズロースを履いていないことを報じている。同記事では、都新聞の内容を反復しており通説が浸透しだしているが、それがズロースの着用率を高めるには至っていない。そもそも、災害を教訓にしたズロース着用の呼びかけは関東大震災の際にもあったが、このときもズロースの普及は実現しなかった。

 白木屋火災をきっかけとしたズロースの着用率増加はせいぜい1%程度とみられており、ズロースの本格的な普及が始まるのは火災から10年ほど経ってからである。当時の日本人は腰巻の習慣が長く、ズロースを着用するようになるにはかなりの時間が必要だった。のちにズロースが普及したのは、女性が男性と同じ職に就くようになるにつれ、職業婦人としての洋装が定着したからである。


感想

 肝心の火事と同じくらい「白木屋ズロース伝説」に文章量が割かれているって一体・・・。ズロースとは要するに女性用下着のことですが、当時は和服には下着を履かないのが常識でした。ですので、和服の女性店員は救助ロープを握っていると下から野次馬に陰部を見られる心配があり、それを恐れてロープの手を離し転落死したというのですが、これは新聞が撒き散らしたデマだそうです。

 どうしてこんなことをしたのかわかりませんが、他の新聞でも繰り返されているところを見ると、おそらく、そう報じた方が売上が良かったんでしょうね。一応「災害を教訓にしたズロース着用の呼びかけ」などという尤もらしいご高説を唱えておけば、多少のセンセーショナリズムな「脚色」は許されるとでも思ったんでしょう。

 マスコミの言う「真実の追求」や「権力の監視」などというのは所詮は「お題目」に過ぎず、いかにして記事を売るかしか考えていない好個の例と言えるでしょう。もちろんこれは現代でも同じです。それぞれの新聞はそれぞれの「シンパ」が支えていて、そのシンパに耳障りの良い「記事という名の脚色された物語」を書いているに過ぎず、あとは野となれ山となれ、というのが彼らのやり口です。尤もらしい報道ほど疑ってかかるようにしないと、彼らの「いいカモ」になってしまいます。気をつけたいものですね。

 ところでこの白木屋、その後東急百貨店日本橋店になり、現在はコレド日本橋になっています。日本橋は日本橋を渡った側、すなわち三越前が隆盛を誇っていて、コレドも室町の方が賑わっています。日本橋の南側は八重洲のイメージが強く、ビジネス街という印象です。まあ、高島屋があるにはあるのですが、そのためかどっちつかずな感じ。再開発に成功して賑わう東京駅八重洲口の客を呼び込める可能性があるだけに、ちょっともったいないですね。