c5eb273e
左側がキャンドゥ、右側がダイソー。

 ちらほらとiPhone SE 2の噂も聞こえてきていますが、販売からすでに4年が経過しても、いまだに根強い人気がある「iPhone SE」。手が小さくて荷物を持ち歩くのが嫌いな私もSEの愛用者です。ですが困ったことに最近関連グッズの取り扱いがめっきり少なくなり、ケースを買い換えるのにも苦労するようになりました。しかし、そこは100均。めったに見かけることはないとはいえ、こまめに探せはまだ販売している店舗があるようです。そこで今回は、ダイソーとキャンドゥで透明クリアケース(ハードタイプ)を入手できたので、比較してみることにしました。

キャンドゥ「Hard-case protector for iPhone 5s/SE」
サイズ:縦約12.5cm×横約6.1cm
素材:ポリカーポネート
カラー:ホワイト
内容量:12g
生産国:中国

 薄くて軽く、かなり裸でiPhoneを持った感じに近い印象です。その代わり強度的には少し不安があります。まあでも本体を守ってさえくれればそれでいいのですが。切り欠きは上、下、左ですが、上の切り方が下と同じ幅でカットされています。つまり、電源ボタンの左側も大きく空いているんですね。ですので、保護するスペースがその分少なくなってしまっていますが、軽さにも貢献していると言えるので、なんとも微妙なところです。表面はツルツルしていて、慣れないと落としそうになるかもしれません。その代わりクリア度が高く、見た目に装着感があまりありませんので、その点はおすすめできます。ただ、角ばっているので握ると角が当たる感覚がします。

ダイソー「HARD CASE SE for iPhone ハードケース クリア」
素材:ポリカーボーネード

 キャンドゥより厚めです。強度的には安心感がありますが、ちょっとやぼったい印象も。切り欠きは同じく上、下、左ですが、上の切り方は電源ボタン部のみです。この点もキャンドゥに比べて安心材料です。表面は肌に吸い付く感じがあり、滑りにくいのでキャンドゥより落としにくいでしょう。角が丸い印象で握りやすいです。しかしクリアドは低め。ポリカの質はキャンドゥ版よりちょっと悪い気がします。

 以上ですが、個人的にはキャンドゥ版がおすすめです。確かに落としやすいリスクはありますが、見た目も100均には見えないですし、握った感覚もダイソー版より小さく感じます。どうせ消耗品ですので、落としてヒビが入ったら買い換えればいいだけです。ただ、今後は扱っている店舗はどんどん少なくなってしまうでしょうから、今のうちに予備を入手しておくべきでしょう。

 なお、キャンドゥはTPU素材のソフトタイプも販売しています。ですが、ダイソーでは見かけなかったので同一素材を条件としてポリカーボーネードのハードタイプで比較しました。TPUはすぐ黄色くなるから嫌いなんですけどね。