8c0819b2
ペイント系・ドロー系それぞれの特徴を画像にまとめてみた。




●ペイント系アプリケーションとは

 ピクセル単位で画像を描写・加工するソフト。画像をピクセル(ドット)の集合体と捉え、その色を編集することで様々な描写を可能にしています。ピクセルが細かくなればなるほど繊細な描写が可能ですが、それは解像度が高くなることを意味し、動作の重さにつながってしまうという欠点があります。

 現在のデジタル絵師のほとんどはこのペイント系アプリをメインに使用しています。理由は「アナログ的(絵画的)な仕上がりが可能ため」だと思われます。


●ペイント系アプリケーションの例

・Adobe Photoshop
・Clip Studio Paint Pro
・SAI
・Painter
・Pixia
・GIMP


●ドロー系アプリケーションとは

 「パス」と呼ばれる線で囲まれた「図形」を組み合わせることによって画を作り出すソフト。パスで図形(オブジェクトと呼ばれる)を作り、それに「塗り」と「線」を指定します。「塗り」は平面的なムラのない塗りになるので、色紙(いろがみ)を切り貼りしたような「硬い絵」になりがちに。ただ現在IllustoratorはPhotoshopを機能をかなり盛り込んでいるので(グラデーションメッシュ、ぼかし、ドロップシャドウ、光彩など)ある程度ならペイント系のような描写も可能です。ですが、アナログ的(絵画的)な仕上がりとなるとほぼ不可能です。

 現在のデジタル絵師のほとんどはドロー系アプリをサブで使用しています。細かい模様や硬い物質(宝石や機械など)はドロー系の方が得意なので、そちらを使用して作成したものをベクターデータからピクセルデータに変換し、イラストに貼り付けるなどしているようです。


●ドロー系アプリケーションの例

・Adobe Illustorator
・CorelDRAW
・Paint Shop Pro

5fa282d0


 こうして見ると、ドロー系の方がメリットが多いような気がしますが、一番重要な要素である「絵画的な描写」がドロー系だと「難しい、もしくは不可能」なのがネックになっています。この点があるから多くの絵師はペイント系を選択していると言っていいでしょう。

 それぞれ特性があるので描く画によって使い分けるのが一番ですが、ドロー系は実質高価なIllustoratorしか選択肢はなく、萌え絵・デジ絵で使用するノウハウについても情報があまりありません。なので、まずはペイント系アプリで、無料もしくは安価な「Clip Studio Paint Pro」「SAI」あたりから使用してみるのをおすすめします。

 私は例外的にIllustratorを既に所有しいて使い慣れてもいたのでIllustratorで画を描いていますが、そういった特別な事情がない限りIllustratorメインでの萌え絵・デジ絵の制作はあまりおすすめできません。