9a4d4d45
加色混合と減色混合の違いの一覧




 まずは上記の表をごらんください。見慣れない言葉が出てきます。そう「加色混合・減色混合」です。これは「カラーを再現するための原理の違い」を指す言葉です。まずこれからご説明したいと思います。

●加色混合(かしょくこんごう)

 色を混ぜれば混ぜるほど白色に(明るく)なる現象。光で色を表現する場合に用いる。色の3原色はR(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)。この3色があればすべての色を再現でき、RBGの量を完全に同じにすれば白色になる。TVや映画のフィルム、PCのモニタやスマホ画面などで利用されている。

●減色混合(げんしょくこんごう)

 色を混ぜれば混ぜるほど黒色に(暗く)なる現象。インクや絵具で色を表現する場合に用いる。色の3原色はC(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)。この3色があればすべての色を再現でき、CMYの量を完全に同じにすれば黒色になる。ただし、現実にはそれは難しく「濁った濃い灰色」になってしまうので、補助的にK(クロ、スミ)を追加しCMYKとしている。商業印刷や絵具、PCのプリンタなどで利用されている。

 上記の原理が理解できていると、描いたイラストを入稿する際に入稿先によってどちらのモードを利用すれば良いか判断できると思います。つまり「ネット投稿やソーシャルゲーム、webサイトならRGB、プリンターや商業印刷ならCMYK」ということになります。

 また、PCのモニタは加色混合(以下RGB)、印刷は減色混合(CMYK)でカラーを再現するわけですから、そもそも色の再現原理が異なっている以上、よく印刷の際に問題になる「色調が沈む」という現象も理解できるかと思います。デジタル絵師はPC上で色を確認しながら作業しているため、CMYKとは発色の原理が全く異なります。つまり「原理が違うので色が合う訳がない」のです。

 この違い(PCモニタ上と印刷結果の違い)をなるべく少なくするための作業を「キャリブレーション」と言います。厳密に合致させるには専門知識と専用の機器が必要ですが、素人でもある程度なら簡単に合わせることができます。その方法を以下に記します。

(1)このカラーチャート(PDFファイル)をダウンロードする。
(2)カラーチャートをプリントアウトする
(3)カラーチャートをモニタ上に表示する。
(4)(2)と(3)を目視で見比べながらPCのモニタのRBG値を調節する

 これで少なくともご自分のPCのモニタとプリンタ出力の色は近づけることができました。同人誌などで印刷入稿する際は市販の商業印刷用カラーチャートをご購入いただき、PCモニタのカラーチャートと目視で見比べながらRBG値を設定をすれば印刷結果の色のトラブルを防ぐことができます。


DIC セルリング型カラーチャート

多くの印刷会社で使用されているもっとも標準的なカラーチャート

 尚、デジタル絵師の多くはRGBで作業し、ソーシャルゲームやwebの場合はRGBで、印刷する場合はCMYKに変換して入稿しているようです。RGBで作業を行うのはCMYKよりRGBの方が色の再現範囲が広いので、より多彩な色彩表現が可能なためです。しかしこの方法だと当然CMYKに変換した際に色が沈んでしまいます。プロ用のアプリケーションである「Adobe Photoshop」ならCMYKの変換エンジンが優秀なのでRGBの発色をかなり残したまま変換できますが、安価なアプリだとCMYK変換の際に色が沈んでしまったり、そもそもCMYK変換機能が付いていなかったりします。ですので、CMYK変換に関するノウハウが確立した印刷会社さんを頼るしかありません。現在、同人誌の印刷に慣れている印刷会社さんはノウハウがあるようですが、一般なオンデマンド印刷にそこまで期待するのは難しいと思います。「色が出ていない!」とクレームを言う前に、印刷会社さんの選択は慎重にすべきでしょう。