2628d80b
典型的な萌え絵の記号。平べったい顔、大きな目に小さな鼻、大きな頭にサラサラした髪の毛と、1980年代の少女漫画の記号を踏襲しているのがわかります。(wikipedia:萌え絵より引用)




 「萌え」という言葉に関しては、アニメや漫画でそのキャラに夢中になる心理を指す言葉「燃え」が、「萌え」に変化したものというのが一般的な見解のようです。時代は1980年代〜1990年代。一部のマニアやオタクだけが使っていたいわゆる「内輪だけの隠語」だったのが、インターネットの普及に合わせて一般に広まったというのが定説です。

 この「萌え」という言葉。その人が萌えられればそなわちそれが「萌え」となるので適応範囲が恐ろしく広いです。キャラに限って言えば『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイ、『うる星やつら』のラム、『ルパン三世カリオストロの城』のクラリス、『未来少年コナン』のラナ。古くは『太陽の王子 ホルスの大冒険』のヒルダをそのルーツに挙げる人もいるくらいです。マンガなら『ブラック・ジャック』のピノコも萌えと言えるでしょう。

 アニメやマンガのキャラにはそのキャラの背景情報が存在します。幽閉されたお姫様のクラリスや、押しかけ女房で一途でヤキモチ妬きのラム、人造人間である綾波など、こういったキャラの人となりが見るものを「萌え」させる要因の一つになっています。アニメならさらに声優の存在も大きいでしょう。萌え声声優として有名な釘宮理恵さんなどはその代表格です。

 でも「萌え絵」となると事情がかなり違ってきます。「萌え絵」にはその絵自体に萌えの要素が求められます。そこにはキャラの背景情報も、萌え声声優も存在しないからです。

 一般的な萌え絵と特徴として、wikiには以下の記述があります。

・目と目の間隔が実際の人間よりかなり広い(ヒトの黄金比美人であれば目の間隔はおおよそ目一個分を少し上回る程度)

・目と眉の間隔が広く離れている

・角膜(虹彩)が非常に大きく縦長で、目に対して角膜(虹彩)の占める割合が大きい目

・光源を無視して、模様のようになっている目のハイライト

・鼻は点だけという事が多く、鼻梁は描かれない

・口は小さめで、閉じているときは目の数分の一のサイズ(現実には口は目より大きい)

・歯は完全に、あるいはほとんど省略される

・脳頭骨の大きさに比べ顔面骨(目の下から顎先部分の顔)が著しく小さな顔

・目の位置が低い顔(これは脳頭骨に比べ顔面骨が小さなことに関係する)

・胴体に比べ頭部が非常に大きい

・筋肉と骨格の浮き上がりが希薄

・肩幅が狭く、肩幅と骨盤の幅がほとんど同じか、骨盤が肩幅より広い

・横顔は鼻口元顎先の突出が少なく、鼻と口元と顎先を結んだ直線上に顔が後退しており、頤の溝や鼻・下の溝が浅いかほとんど省略されていて(鼻先と口元と頤が小さい)猫のようである

・彫りの浅い顔面

 実はこれら萌え絵の特徴とほぼ同じバランスで描かれていた画が、既に1980年代に定番化されていたジャンルがあります。

 それは「少女マンガ」です。大きな目は顔の低い位置にあり、大きめの頭にはさらさらとした軽い髪、正面から見ればほとんど点か、もしくは描写されないの鼻、やたらと赤く染まる頰、細い首に狭い肩、立体感の乏しい体のつくりなど、現在の萌え絵の主な要素がすでにここに凝縮されています。

 私は漫画家やイラストレーター、キャラクターデザイナーたちが「画だけで萌えさせるにはどうしたらいいか」を追求した結果、1980年代の少女マンガの表現に行き着いたのではないかと思っています。1970年代の『エースをねらえ!』や『ベルサイユのばら』のような大げさな瞳や髪型、衣装はその時代を大いに感じさせます。しかし1980年代の少女マンガの画は現在見ても、あまり違和感がありません。高校生活という日常を舞台にしたものが多く、描かれる姿もセーラー服などの制服姿が大勢を占めていました(女子高生のアイコンとしてのセーラー服が「可愛い」に定義されたのはこの時代でした)。何よりも画自体がとても可愛いらしいものが多かったように思います(特に大島弓子の『綿の国星』)。これは当時の少女マンガ家たちが読者の「可愛い画が好き」というニーズに必死になって応えようとした結果だと思います。

 そして「萌え」と「ロリコン」はとても近しい関係にあるという事実も見逃せません。少女マンガを読んでいたのは当然少女たちでした。その少女たちに「萌える」男たちが、少女の嗜好・感性を好んだとしても何の不思議もありません。いや、むしろ当然と言えるではないでしょうか。

 今回萌え絵を描くにあたって、「萌え絵とは何か」「萌え絵を萌え絵たらしめているものはどういう要素か」「萌え絵のルーツとは」ということ自分なりに調査し、検証した結果の結論が以上になります。単なる私の個人的見解に過ぎませんが、萌え絵を描く際に何かのヒントになれば幸いです。