私のイラストのメイキング動画を見せて欲しいとのご要望をいただいたのですが、私はまだまだ無駄な作業や動作が多く、機能選択の迷いもあるので方法論が確立していません。ですので、私が見て参考になると感じた動画を新たにいくつか探してきましたのでご紹介いたします。また、以前にこちらの記事でもメイキング動画をいくつかご紹介していますので、併せてご覧ください。




【イラストメイキング】Illustratorでのメイキング

 プロのイラストレーター、瀬戸楠葉さんのメイキング動画です。以前ここでご紹介した鱗粉あすさんと同じガールズイラストレーション系で、和風美女というモチーフも、方法論も同じなので比較しやすいですね。髪の毛の束を細かく描き分けることが、髪のリアル感を増すコツだということがこの動画からはっきりと見て取れます。髪の毛の表現は私も課題にしているところなので、とても参考になりました。




【メイキング】拡大してもぎざぎざしないイラストをゆるく描いてみた

 TTTTTSOさんのメイキング動画です。いわゆる「イラレでアニメ塗り」の動画ですが、主線を線トレースした段階で線が決められる方は、この方法が一番手っ取り早いでしょう。動画の「パスファインダで分割」から後戻りできなくなるので、不安な方はこの段階でファイルを別名保存しておくことをおすすめします。




【描いてみた】Illustrator【メイキング】

 lotus suicideさんのメイキング動画です。これも「アニメ塗り」ですが、主線を「線」ではなく「面」でトレースしているのが特徴的です。主線の強弱を自在にはっきりつけたい、という方はこちらの方法の方が有利です。線幅ツールでも強弱をつけることはできますが、必ずしも思った通りにはなってくれません。非常に手間がかかりますがどうしても主線にこだわりたいなら、この方法しかないでしょう。




【刀剣乱舞】イラレで宗三さんお絵かき【メイキング】

 今回探した中で一番私の描き方に近いのがこの「遊海(ゆあ)」さんです。これをたった27時間でやってしまうとは・・・(絶句)。動画の中のご本人のコメント「イラレの単調な塗りだと安っぽくなっちゃう」はまさにその通りで、それゆえに「情報量の水増し」が重要になります。主線のない画はまさにイラレですが、そのぶん陰の段の数を増やしたり、細かい描きこみをしたりとテクニックを駆使しています。相当のイラレ使いだということがわかります。




【ヒロアカ】梅雨ちゃんを描いてみた【Illustrator】

 ゆきまんさんのメイキング動画です。描き方はほぼ遊海さんと同じですが背景がすごい。パースの描き方はとても参考になります。環境光を入れるなどテクニックもハイレベル。パーツを画面の外で作って置いていく手法はイラレならではですが、傘や車など単なるコピペではなくいちいち形状や色を変更しているのが素晴らしい。そういった「ちょっとしたひと手間」がイラレっぽさを消してくれますね。某有名アニメのヒロイン曰く「同じものがいっぱい」はイラレではご法度です(でも、わからないように使うのはアリですが)。


 以上ですが、また参考になる動画やページがありましたらご紹介いたします。