88f43b6b
この段階で終わらせておくのが一番幸せ・・・という話ですね。




 今回、デジ絵に挑戦してみて気づいたのですが、それは今までラフ画(スケッチ)でごまかしてきた複数のラフな線をひとつに絞らなければ、デジ絵にならないという点です。これはペイント系・ドロー系どちらのアプリを使っても変わりません。

 デジ絵にするには、ラフ画では「なんとなく」で形になっていたものを「きっちり」と決めなければならないので、そうなるとバランスの乱れやデッサンの狂いがシビアに見えてきます。なので「線を決める」という作業が必要になるのですが、これはデジ絵初心者にとっては思った以上に難易度の高いものです。もちろんスケッチやクロッキーの訓練を軽視はできませんし、画力のアップには絶対に必要なプロセスであることは間違いありません。しかし、それをデジタルに移し替える際に画が崩壊してしまっては元も子もないのです。

 ネット上では「線を決めるクセをつけましょう」と簡単に書かれているだけですが、この作業の重要性に触れた記事は見つけることができませんでした。私はこれは非常に重要で、しかもそんなに簡単でもないことを現在身にしみて感じています。それは私の画の品質が安定しない原因の多くはここにあると思っているからです。

 逆に言えばここがクリアできればワンランク上の段階へ行けた、と言えるでしょう。画の品質が安定し、工程数も少なく効率的に作画できるようになると思います。ただ、私の場合それはまだ道半ばですね。


【ブログランキング参加中!】 にほんブログ村 イラストブログ 萌え絵(ノンアダルト)へ  




〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉