走ろっ!
(c) Futajyuro Iwasa : Adobe Illustrator CS6 for Mac, CMYKmode, All Vector Graphics, 10.9MB, 5/20/2016




 デジ絵・萌え絵の第6作目『走ろっ!』です。このイラストでは以下の課題を設定し、そのノウハウの吸収に努めました。

(1)髪の毛の表現

 以前「アニメ塗りだと髪の毛が塊になって軽さがでない」と言っていましたが、ひょっとしたら髪の毛をパーツごとに分解すれば毛先を消すことができるのでは? と思い立ち、試してみました。結果は・・・これだけの表現がイラレでできればまあ合格点ではないかと(笑)。前作のような複雑なグラデにできないのが難点ですが、ハイライトとシャドウで髪の毛の流れは表現できますし、複雑な髪型もこちらの方が簡単なので、汎用性はありそうです。

(2)チェックのスカート

 一度やってみたかったので挑戦してみましたが・・・メンドイ!! イラレのエンベロープ機能を使ったのですが、模様が細かく反映先の形状が複雑だと思った通りの形になってくれません。結局微調整が必要なので、だったら最初っから手描きした方が良いかもしれません。ケースバイケースで使い分けるべきですね。

(3)服のシワの描きこみ

 これはまだよく理解できていません。ですのでまだこの程度です。デジ絵初心者にはこれは難易度は高めですね。でも萌え絵の標準的な表現として完全に定着しちゃっていますので、なんとかマスターするしかないです。

●総評

 このイラストはもがみんのイラストを見ているうちに、「これはアニメ塗りだけど、これをグラデ塗りしたらどうなるだろう?」とふと思い立ち、描いてみたものです。結果はご覧の通りかなり良さげですね。ただし主線は肌と服のみで、髪の毛には描いていません。やはり髪には軽さが欲しいですから。

 衣服は主線がないと非常に描きにくく、どことなく「硬く」なってしまうのですが、主線があるとこんなにもふわっとした表現がやりやすくなります。なんだか描くたびに主線の有無で揺れていますが、やっぱり主線を描こうかな(笑)。でも、髪の毛の描き方以外は前作とほぼ同じなのに、主線が入るだけでとたんに「アニメ絵」っぽくなるのでそこをどうするかですね。