1c7c84ca
高校時代の私の倫社のノート。どうやら授業に飽きて、落書きを始めてしまったらしい(笑)。




 Adobe Illustorator(このブログではイラストを描く人を「イラストレーター」、アドビ社製ソフトIllustoratorを「イラレ」という表記で統一しています)は現在、イラスト制作向けというよりデザイン・レイアウト向けアプリケーションとして絶対的な地位を築いています。理由はイラレが扱うデータ「ベクターデータ」の特性が図形を扱うのに最適だったからです。レイアウトという作業は紙面に図形を並べていく作業に似ています。それを直感的に、しかも正確に配置できるイラレはもはやレイアウトソフトといっても良いくらいです。

 その「図形を正確に配置する」特性によってイラレは「ラフで自由な線を描きたい」という落書きには全く向いていないと言えるでしょう。私は「イラレで落書きをやスケッチを楽しんでいる」という人に会ったことはありませんし、おそらくそんな人は世界中探しても(多分)いないでしょう。

 私は訳あってイラレで萌え絵を描いていますが、この「落書きやスケッチをしたい」という欲求にイラレは全く応えてくれません。ですのでそういう場合はペイント系ソフトに頼るしかないのですが、ご存知のようにペンタブで挫折した私にとって、フォトショップやSAI、クリスタといったペイント系ソフトは選択肢に入りません。

 そこで私が目をつけたのがiPad(iPhone)+お絵描きアプリという選択肢です。将来的に液晶タブレット、もしくはiPad Pro+Apple Pencilの導入を見越して、画面に直接ペンで描く感覚に今から慣れておこうという意図もあります。もちろん導入コストが安くて済むのが最大の理由です。そしてさらに将来の「旅先の風景をデジタル水彩で描く」という野望も視野に入れています。

 でもやっぱり紙に鉛筆で描く心地よさにはかなわない気がします。「絵を描く」という原体験がアナログである以上、それは永遠に変わらないかもしれません。現在のデジタルネイティブたちはどう思っているのかわかりませんが、いつの時代も「まず紙と鉛筆ありき」というのは不変のような気がします。またそうであって欲しいとも思います。

 だって、授業中に教科書やノートの端っこに落書きをする楽しさを知らないなんて、ありえないじゃないですか(笑)。