iPhone7-01
こういった説明用カットイラストのノウハウは仕事でも使えそうなので、イラレで萌え絵を描くという挑戦も無駄じゃなかったかも。




 iPhone 7の発表は噂によると9月9日。あと約1ヶ月となり様々なリーク画像や情報がネット上を飛び交っています。それら情報と私なりの予想をイラストでまとめてみました。

 評判の悪かったDラインを縁に沿うようなラインに変更した以外、デザインには大きな変更はないようですが、Plusの他にProが出るのではないかという噂は気になります。Proの名を冠するということはApple Pencilが対応するのと同義だからです。

 Apple Pencilが対応するディスプレイは通常のそれとは違い、センサーの数が大幅に増やされているので、精細にApple Pencilの動きをトレースできますが、それだけコストアップになってしまいます。しかもカメラがデュアルレンズになるとすると、相当高価な端末になると予想されるので、一般のユーザーが簡単に手を出せる価格になるとは思えません。おそらく10万円オーバーになると思われます。ただiPhone 7 Proを必要とするユーザーは、iPadと兼ねたいと思っているはずなので、iPhoneとiPad(セルラー)を2台持つよりはコストはかかりません。5.5インチサイズ+Apple Pencilで作業が完結してしまう人なら有力な選択肢になると思います。もちろんその中には大型スマホでイラストを描きたいという人も含まれるでしょう。

 もしiPhone 7 Proが発売されApple Pencilに対応したとなると、iPad miniのPro版が出るのは確定的ですね。その意味でも9月9日の発表を固唾を飲んで見守りたいと思います。

 Apple Pencilはいらないけど大画面が欲しいというニーズにはPlus、通常のスマホユーザーには無印をというのはiPhone 6Sと同じですが、併売されているiPhone 6はディスコンになるでしょうね。問題はSEですが、売れ行きが好調なことから少なくても年内は継続して発売するのではないでしょうか。

 あまり話題になっていませんが、iPhone 7にイヤホンジャックが搭載されないのは確定的なので、付属のイヤホンはワイヤレスタイプに変更されると思います。そうなると電源と充電端子の搭載は必須になりますので、Apple Pencilの充電方式が踏襲されるのではないでしょうか。マイクも搭載され、Siriを動かすことができるのを売りにしてくるように予想されます。

 あとはホームボタンがセンサータイプに変更になる、防水仕様になる、カラーにピュアブラックの追加などの情報があるようです。あと1ヶ月、楽しみに発表を待ちましょう。

 で、おまけのようなイラストの話(笑)。前回同様のイラストの描き方で、生まれて初めて3頭身(正確には2.5頭身くらい)を描いてみました。ただし髪の毛は前回イラストを流用しただけです(笑)。イラレのベクターデータはこういった流用がしやすいのがメリットですね。あとiPhone 7のイラストは正面絵一旦描き、効果→3Dの回転でパースをつけてからオブジェクト→アピアランスを分割。それに厚みを手描きで付け加えました。自然なパースを描くのにはこの方法が便利ですね。参考にしてみてください。