313243ba
そういえばイーゼルに紙を立てて描くのも苦手だったのを思い出しました(苦笑)。




 私は高校時代は美術部でしたので石膏デッサン(大顔面とビーナス)はやりましたし、専門学校時代にはヌードデッサンの授業もありました。ところが、私が描きたいのは「人物画」ではなく「(アニメ・マンガ的な)人物イラスト」だったため、これらデッサンの授業がどう人物イラストに効果的なのか、そもそもこの苦痛でしかないデッサンという行為が絶対必要なものなのかさっぱり理解できませんでした。いちおう先生や講師からそれなりの説明はあったのもしれませんが(覚えていない・・・笑)、当時の私にはそれを理解する能力も知識も感覚もなかったのです。

 当然、基礎もへったくれもなく、気に入った可愛い画を模写しならがらデッサン力を身につけていったわけですが(そっちの方が楽しかったし(笑))、やはり基礎はちゃんとできるようになっていないと上達も頭打ちになってしまいます。で、結局二十歳頃にイラスト描きをやめてしまう、という結果に(笑)。そして今更ですがこの年になってみるとその重要性を身にしみて感じています。

 ただ、今になって思うのは、確かに基礎は重要なのですが、中高生の頭でデッサンの意義や意味を理解するにはかなり無理があります。美大を目指すとか、画家に師事しているとか、早いうちからプロを目指しているなら話は別ですが、単なる趣味レベルでそこまでの苦行を強いられてしまうと、続くものも続かなくなってしまいます。ですのでやはり画を描き始めの頃は「描きたい画を描きたいだけひたすら描く」でいいのではなでしょうか。まずは「画を描く楽しさ」「上達していく喜び」が重要だと思うからです。

 それに、何も理解できていないままに表面的・機械的にデッサンの練習をするより、自分に何が足りないか理解できてからデッサンの練習をする方が上達は早いのではないでしょうか。当然、自分に何が足らないか理解するにはそれなりに量を描いていなければなりません。量を描くには「好きなものを描く」のが一番効果的なのは言うまでもありません。

 ただ好きに描いていれば、いつかはデッサンの必要性に気づく時が来ます。そこから石膏デッサンなり、ヌードデッサンなり、人物スケッチなり、ルーミスなりを始めても遅くない気がします(私は遅すぎですけど(笑))。目安として、顔+バストショットがなんとなく描けるようになった頃でしょうか。どのみち、体(全身)を描くためにはデッサンは避けて通れませんからね。