83a631a1
プロ向けサイトの中で一番敷居が低い「クリエーターズ・バンク」に登録してみました。私のポートフォリオはこちら




 グラフィックデザイナーである私が、プロのイラストレーターを探す際に閲覧してきたサイトを厳選してご紹介します。こういったサービスは突然終了したり、開設していても稼働レベルが低かったりするサイトも多々あるので、なるべく長期に渡って安心して利用できるサイトを厳選してみました。


日本イラストレーター協会(JIA)

 1999年発足のプロ・イラストレーターの支援団体。業界では『日本イラストレーター年鑑』を発行している協会として認知度は高い。登録無料・審査あり。


illustration FILE WEB

 玄光社が発行する『イラストレーション』誌のウェブサイト。イラストレーターの年鑑『イラストレーターズ・ファイル』と共に業界での認知度は高い。登録は『イラストレーションファイル』『イラストレーションファイル キャラクター』に掲載されたイラストレーターのうち、このサイトに参加を表明された方のみ。


 上記2社が出版する雑誌・年鑑は広告代理店や出版社、制作プロダクションで定期購読されている場合が多く、認知度も高いので、ここに名前と作品が掲載されていると仕事の受注の面でかなり有利。ただし、掲載されているイラストレーターのレベルは高い。大手書店には置いてある場合が多いので、一度手に取って見てみることをお勧めします。


SUGAR ILLUSTRATORS’ CLUB

 1986年発足の老舗イラストレーター登録サイト。仕事の斡旋もしているが、クライアントとの直接取引も可能。登録無料・審査あり。有料会員制度あり。


イラストレーターズ通信

 仕事の斡旋はなく、イラストレーターの紹介のみ。イラストレーション年鑑『イラストレーターズ通信』を発行している。年会費10,000円、審査あり。審査は主宰者の森流一郎氏の主観によるので、森氏の趣旨に賛同するか否かで登録の判断を。


クリ8(エイト)

 案件が発生すれば小山英夫氏によるディレクションのもと仕事受注の可能性がある。様々なクリエーター支援企画を実施しているが、年会費5000円が必要なので費用対効果を判断した上で登録を。審査なし。


クリエーターズ・バンク

 クリエーター交流サイト。仕事の斡旋はないが、有償コンテストの情報を提供してくれる。ポートフォリオやダイアリー(ブログ)、イベントの告知もできるので、自身のウェブサイト代わりに利用できる。登録無料・審査なし。


 以上ですが、現実として広告代理店や印刷会社、出版社、制作プロダクションは直接イラストレーターと取引している場合がほとんどです。その多くは紹介によるものですが、イラストレーション作家として指名を受けたいのなら日本イラストレーター協会か、玄光社の月刊誌『イラストレーション』に掲載歴、もしくは同等レベルでなければかなり厳しいでしょう。萌え絵に関してはこの限りではありませんが、そちらの世界はそちらの世界で厳しいようです。いずれにしても、上記サイトに掲載されているプロのイラストのレベルをよくご覧になってから、プロを目指すか否か判断すべきだと思います。参考にしてみてください。