5f467b8c
この「わし掴みできる安心感」というのは外出先(旅先など)で絵を描く際に大きなアドバンテージになります。それに将来iPad Proで作品絵を制作するようになるなら、据え置き用に12.9インチを購入するでしょう。ということは私にとって10.1インチが一番中途半端で使いどころがない、ということになります。




 2017年に発売される次世代iPadは、すべてiPad Proシリーズとして一本化される可能性が浮上しました。iPad mini4は「7.9インチのiPad Pro」として生まれ変わることになります。(iPhone Mania


 やっぱりそうなりましたね。過去のApple製品の推移から、iPad mini(サイズ)の廃止はありえないと思っていました。iPhone 7 PlusがApple Pencilに対応しなかったのは、iPad Pro(7.9インチ)との差別化のためでしょう。発売は来年の春ですが、新年早々には発表がありそうです。

 結局iPad Proは7.9、10.1(現行9.7インチを変更)、12.9インチの3サイズ展開になりそうですが、問題は価格。現行のProの9.7インチが62,800円ですので、7.9インチは5万円代前半くらいでしょうか? iPad mini 4+1万円というのは適正だと思います。それプラスApple Pencilですから、カバーその他を考えるとトータルで7万円を予定しておけばいいことになります。

 ・・・うーん、7万ですか。仕事に使うなら躊躇しない値段ですが、ほぼお遊び用ですからね。でもまあ買うでしょう、ここまで待ったのですから。もちろん私のような社会人やビジネスユースで必要であればこの「iPad Pro+Apple Pencil」という選択肢は当然最有力候補に挙がるのですが、学生さんやアルバイトをしながら画を描いている若い方には高価すぎます。ですので、中古iPadやAndroid端末など、安価にデジタルお絵描きをしたいといニーズに適した選択肢も、今後記事にしたいと思います。

 ちなみに、PCを持っているならペンタブ使えば安価で済みますよ!という選択肢は除外しています。理由はこちらをどうぞ(苦笑)。


【ブログランキング参加中!】 にほんブログ村 イラストブログ 萌え絵(ノンアダルト)へ  




〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉