4190bf54
下手なスタイラスペンを使うより、タッチペンの方が使いやすいという事実・・・。しあかも100均製もあなどれません。




 iPadをはじめとするタブレット端末でお絵描きをするのに必須なタッチペン/スタイラスペンですが、用語とツールとが一致していないようでしばしば混乱が見受けられます。ですのでここでは


・電源を内蔵しない静電容量式・・・タッチペン

・電源を内蔵する静電発生式・・・・スタイラスペン



と区別したいと思います。もちろんiPad Proユーザーでしたら現時点で最高の描き心地を実現しているスタイラスペンの「Apple Pencil」一択になるかと思いますが、価格が高いうえに地方ではホットモック(現物見本)を置いていない場合も多いかと思われます。ですので、その他のiPadやAndroid端末、スマホでも使用でき、しかも安価で電源の必要のない「タッチペン」に限定して考察したいと思います。

 で、そのタッチペンなんですが、お絵描きをする際に一番問題になるのが「ペン先の細さ」です。当然ですがペン先が細ければ細いほど画が描きやすくなります。これはどの絵師さんも同じじゃないでしょうか。現状では最も細いゴム先は直径5〜6mm程度が限界のようです。これは人体の微弱な静電気を画面に伝えるには最低限の接地面積ということらしいです。そのゴムの柔らかさですが、これは使用する端末や好みによって千差万別でしょう。共通しているのは滑りやすすぎず、ひっかかりすぎない「心地よい抵抗感」だと思います。かといって柔らかすぎるのも注意したほうがいいでしょう。耐久性に問題がある場合がありますので。

 次は重さとサイズです。これも好みがはっきりと出る部分ですので、「これ」という決め打ちは難しいのですが、通常の筆記具で筆圧が低い人は軽いペン、高い人は重いペンを好む傾向があるようです。ペンの全長は10cm程度と短めがおすすめです。というのも絵を描く際は文字を書くのと違い、ペンを自由に持ちたいからです。この長さだと長すぎず短すぎず、どんな持ち方にも対応できます。

 そして最も重要なのがペン軸の太さです。これも好みの部分が大きいように思えますが、最細である6mmの先端ゴムを使うなら、ペン軸も同じく6mmか、もしくは持つ部分は太くてもペン軸の先は細くなっているものを選びましょう。いくら先端ゴムが小さくても、ペン軸がすぐに太くなってしまっていたらそれが絵を描く際に接地点の視界を遮るからです。

 整理しましょう

・先端ゴムの直径は現状では5〜6mmが最細

・画面を滑らせる最に適度な抵抗感があるもの

・重さは筆圧が低い人は軽いペン、高い人は重いペンを基準に

・ペン軸はなるべく細いか、もしくはペン先が細く接地点の視界を遮らないもの



以上の条件で、私がオススメするのは


Digio2 スワロフスキー付 タッチペン グレー ECTP-04GY


です。

 このタッチペン、とにかく軽い、細い、接地点が見やすいと、私にとって今のところのベスト・バイになります。この商品はペン軸の直径が先端ゴムの直径と同じ6mmであることが最大のメリットです。これを買ってからiPad miniで描く画が限りなくアナログに近くなりました。購入して約一ヶ月、毎日かなりハードにゴリゴリと使っていますが、今のところゴムの劣化は感じません。もし劣化しても約700円ですので、買い替えに躊躇はいらないでしょう。ただ、色をグレーを選んでしまったのは失敗でした。カバンの中にペンを放り込んでしまうと暗くて探せない・・・(笑)。次は暗い場所でも目立つゴールドかブルーを選択したいと思います。

 もちろん上記の箇条書きの条件を満たせば他社製品でも問題ありません。ポイントは「ペン先とペン軸(持つ部分より先)がなるべく細いものを選ぶ」ということです。画面とのペン先の接地点の把握がしやすいか否かを最重要視して選べば間違いないでしょう。実は100均にもこれと近いものが置いてあります。参考にしてみてください。