f005d76a
Tayasui Sketchesは「ザクザク描いてザクザク塗る」という使い方にとても適したアプリ。はみ出してもムラになっても水彩だから気にしない。落書きにはとてもいいけど、これで作品絵を描こうとは思わない。私ならそれには「メディバンペイント」を使いますね。




 現在私がこのブログで描いている落書きイラストは「iPad mini(初代)+Digio2 スワロフスキー付 タッチペンTayasui Sketches」という環境で制作しているのですが、そのアプリ、Tayasui Sketchesがアップグレードされ、無限レイヤーと無限アンドゥ機能が新たに搭載されました。無限といってもメモリが許す限りでしょうけど、アンドゥはともかく無限レイヤーは待ち望んでいた機能なので嬉しいですね。

 旧バージョンはレイヤーは4枚でしたが、1枚は紙専用のレイヤーなので作画に使えるのは実質3枚しかありませんでした。それが今回のアップグレードで無限に使用できることに「やっと」なったわけですが、実質有料アプリなのにアップグレードにあまり積極的でないのはちょっと残念です。開発元は日本ではメディバンペイントアイビスペイントが無料な上に、機能もはるかに凌駕している現状をあまりご存知ないのでは? 定番有料アプリのProcreateだけを意識していると、日本製の優秀な無料アプリにどんどん置いていかれる気がします。

 まあそれでも、このTayasuiのアナログ感あふれる「描き心地の良さ」に惹かれて使い続けているんですが、2012年11月に発売されたiPad mini(初代)でも引っかかりなく描けるのは優秀だと思います。この「描き心地」はお絵描きに対するモチベーションのかなりの部分を占めますので、他のアプリはこの点だけはTayasuiを見習って欲しいですね。