f2bf08a6
ついでがあったので、コンビニで前売り券を買ってみました。前売りを買っておかないと当日になってめんどくさくなり結局行かない・・・なんてことになりかねないので(笑)。26・27日のどちらに行くかはまだ未定。




 2016年11月26日(土)・27日(日)に東京ビッグサイト西館で『デザインフェスタ』というイベントが開催されます。もちろん私はプロのグラフィック「デザイナー」なので、このイベントは知ってはいましたが、訪問するのは初めてです・・・というか、あえて避けていました。というのも、いろいろ訊かれるのがめんどくさかったからです。つまり、こういう会話になりがちなんですね。

私:「こんにちわ」

知り合い:「あーっ岩沙さんどうもです!」

私:「ご招待ありがとう、来たよ」

知り合い:「こちら、岩沙さん。プロのデザイナーさんです」

そこにいる人たち:「こんにちわ〜」

そこにいる人たちのひとり:「はじめまして、どうですかプロの目から見て」

そこにいる人たちのひとり:「あー、ぜひとも意見聞きたい!」

そこにいる人たちのひとり:「私も!」

私:「・・・・(困惑)」

 ここで繰り広げられているのは「デザイン」といっても「デザインアート」の世界です。一方、私が職業としているのは「グラフィック(広告)デザイン」です。同じ「デザイン」でもその方向性は真逆です。つまり「まず表現ありき」なのがデザインアートで、「まず伝達ありき」なのがグラフィックデザインだからです。私はプロとして「伝えること」を主眼に置きます。100人いたら100人に分からせるのがグラフィックデザインです(広告ですので当たりまえですね)。そのためにはレイアウト、色彩設計、フォント、ビジュアル、キャッチコピーなど、視覚的にどういう表現をすればいいかを熟知しています。それに対し100人いても1人に共感してもらえればいいというのがデザインアートです(自己表現なのでそうなります)。まずは表現ありきで、伝わるか伝わらないかはその人次第です。その違いをわかっていないアマチュアの方に、同じ「デザイン」というワードでひとくくりにして質問されても答えようがないのです。

 ですので、知り合いのイラストレーターやカメラマンに誘われても、あえて訪問は避けていました。ですが今回、訪問してみようと考えたのは2つの目的があるからです。

ここで目標に掲げたコミケと同じ会場の下見

・将来、デザフェスにイラストを出展するための下見


それに今回は知り合いのお誘いもありませんので、身分を隠して訪問ができます。その方が純粋に客としてイベントを楽しめますからね。

 というわけで、妻も誘っての初訪問です。妻には上記の目的は言わず、単に「面白そうなイベントだから行ってみよう」と言っているだけです。訪問した様子は後日このブログでご紹介したいと思います。

 でも、会場で知り合いとばったり!という可能性もなきにしもあらずですが、おそらく世代が入れ替わっている(私の世代はもう出展していない)と思われるので、多分大丈夫です。「多分」ですが(笑)。


【ブログランキング参加中!】 にほんブログ村 イラストブログ 萌え絵(ノンアダルト)へ  




〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉