1bb50065
3人目のモデルは男性だったので、教室はこのような状態に・・・(笑)。描くスペースが前しか空いていなかったので、私は描きたくもないナニを描くハメになってしまいました(笑)。




 私は某芸術系専門学校の出身ですが、2年生になるとヌードデッサンの授業がありました。もちろんそれまでに石膏デッサンは経験済みでしたし、それなりに人物は描いてきていた(アニメ・マンガ絵ですが)ので「たいして上手くはないけど、そんなに苦労はしないだろう」とタカをくくっていました。ところがそこにモデルとして現れたのは、肉布団をまとった、どこが関節か判別すら難しい「超デブ」の素っ裸の女性でした。

 私はどうやってこのモデルを木炭紙に写しとればいいのか、皆目見当がつきません。とりあえず定番の方法の基準線を引いて用紙を分割して描いてみるのですが、ただでさえあまり上手くない私のデッサンは見るも無惨に崩壊していきます。修正しようにもポイントとなる関節がどこにあるのかわからないので、バランスが取れないのです。石膏デッサンのような「整った形」はそれなりに写し取ることができても、このデブモデルの「整っていない形」は、どう写し取ったところで「整った形」になりようがありません。クラスの上手い人の画を見てもやはりいつもの上手さは発揮できていないようで、苦労しているのが手に取るようにわかります。

 なんで学校はこんなモデルを採用したのかさっぱり理解できませんでしたが、とりあえず続けるしかないので、私は「デッサン」というより「デブの模写」をしてその授業を終えました。つまりデッサンの練習にはまったくならなかったのです。次のモデルはガリガリのやせ形だったので、多少は上手く描けましたが、今度は出るべきところがいっさい出ていないので、やはり「ガリの模写」でしかありませんでした。

 結局、ヌードデッサンの授業は私にとって「ヌードデッサンを経験した」以上でも以下でもない、どうでもいいものにしかなりませんでした。学校側からすれば一朝一夕には身につかないデッサンという難題を、授業という限られた枠で生徒に教えるのは不可能なので、とりあえず経験だけさせとけばいいや的な考え方だったのでしょうけど、私はこのヌードデッサンの授業で露わになった自身のデッサン力のなさに自信喪失し、イラスト描きをやめてしまう原因のひとつになってしまったのです。

 というわけで、ひとつ提言しておきます。「デッサンの練習に人物モデルを用いるのなら、なるべくプロポーションの整った人をモデルにしましょう」。デッサンの訓練する対象の人物のデッサン(体型)が崩れていたら、デッサンの訓練にならないからです。実際の人間であれ、写真であれ、プロポーションの整ったモデルと比較することによって、自身の画のデッサンの乱れを把握することができます。その「元」が崩れていたら「元も子もない」のです。

 しょせん専門学校なんてそんなもんよ、という声が聞こえてきそうですが、まあ実際「そんなもん」なんでしょう。とにかく、体型の悪いモデルを上手く描けなかったからといって、必要以上に落ち込まなくてもいいですよ、というお話でした。