b009de72
キャラ名の「ニーナ」は「弐拾郎」の「二十」という漢字をカタカナの「二」と「ナ」に読み替えたもの。「ふたば」は「二〇」の「二」を「ふた」、「〇」を「輪(ば)」と読み替えて命名しました。苗字は・・・考えていません(笑)。




 このブログで「落書き」と称し、特定のキャラ(金髪ポニテとブラウンセミロングの女の子)を使ったイラストを掲載してきましたが、ただ描きやすさを優先しただけで特に何か理由があったわけでもないんですね。しかし、考えてみるといくつかメリットもあるように思えるので、「1コマ漫画」として上記のようにキャラクター設定をしてみました。

 で、そのメリットなんですが

(1)キャラクターを固定できるので、イラストのネタやキャラに困らない
(2)同じキャラクターを描き続けるので、画力のアップがわかりやすい
(3)慣れれば短時間で描ける
(4)将来制作予定の同人誌のおまけコンツンツに使える

と、いくつか挙げられます。しかし、逆にデメリットもあります

(4)同じキャラを描き続けるので読者に飽きられる可能性がある
(5)キャラやファンション、ポーズが慣れ優先に陥りやすいので、画力アップの訓練の意味が薄れてしまう

 まあ、上と下はトレードオフの関係なので、仕方ない部分なのですが、そのデメリット対策に少し工夫を加えたいと思います。それは以下の点に留意します。

「プロのイラストレーターを目指すなら最低限知っておきたい知識 」カテゴリーの記事は、シリアスな内容なので、このキャラは使用しない

・その他のカテゴリーは記事内容に応じてこのキャラを使用するが、もし他の表現(例えば他のオリジナルキャラや版権キャラ)が可能ならそちらを登場させる

・使用アプリを変え、タッチを変えてみる

 こういった対策を講じて、なるべくマンネリに陥らず、なおかつ画力アップの訓練につながるようにしたいと思います。

 ところで私は漫画を描いた経験は一切ありません。小学生の頃に3ページほどノートにコマ割りして、ネームを描いた時点で放棄したことがあるだけです。そんな私でも1コマ漫画ならなんとか描けそうです。この1コマ漫画、画力アップの訓練とブログの更新を飽きさせない方法として有効だと思いますので、参考にしてみてください。