92709b64
スカパン(スカートパンツ)ってロマンがないよなあ「男のロマン」が・・・。




 男性萌え絵師が萌え絵を描きはじめて苦労するのは「女子知識のなさ」です。女の子、しかも可愛い女の子を可愛らしく描くには、ファッションやアクセ、化粧やスイーツ、グルメまで様々な女子知識が必要になります。しかし私は残念ながら男。そういった情報には基本、疎いです。まあ、目の前にあるグーグル先生にテキストを打ち込めば答えは出てくるのですが、それでも実物見ると見ないとでは大違い。できればそういうショップに行ってリサーチしたいものです。

 そんなとき、嫁がいると何かと便利(笑)で、女子しかいないショップにも嫁がいれば平気で入れます(さすがにランジェリーショップは無理ですが)。嫁のコーディネートの相談をしつつ、ファッション関係からインテリア小物、アクセサリー類まで、通常の男性(オヤジ)には縁遠い場所でもけっこう行っています。もちろん嫁は私のそんな「リサーチ目的」などつゆ知らず、コーディネートを一任してきます。職業柄(グラフィックデザイナーです)バランスや色合わせなどはお手の物なので、嫁は私の意見を重視してくれているようです。また、女子系雑貨店(ブルーブルーエとかプラザとか)にもよく行きますが、こういったショップに置いてあるグッズを見ておくのもいい刺激になります。実は仕事で女子っぽいデザインを求められることもあるため、以前からこういったお店にはよく行っていました。ですので萌え絵を描きはじめたからといって特に行動範囲が変わることはなく、今でも嫁には私の真の目的を気づかれていません(笑)。

 まあ、それでもやっぱりアウトプットするものはどこかしら「男子らしさ」は漂ってしまうのもです。昔、先輩デザイナーから「女性らしいデザインにするには、乙女の気分になってデザインしろ」などと言われたものですが、萌え絵も「乙女の気分になって」描かなきゃいけないんでしょうね。反面、男性でないと男性視点の「萌え」は理解しづらい、という部分もあります。私が好む絵師さんの萌え絵は、女性が描いたかのようで実は男性、というパターンが多いようです。そういった絵師さんたちは「女子力が高い」んでしょう。ぜひ見習いたいものですね。


【ブログランキング参加中!】 にほんブログ村 イラストブログ 萌え絵(ノンアダルト)へ  




〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉