bc691260
パームリジェクションの精度はアプリに依存するので、選ぶアプリによってはけっこうストレスになる場合も。そんなとき、iPad miniならベゼルに手を置けるのでラクにイラストを描けます(使っているタッチペンはこちら)。




 現在の私のイラスト作成状況は

・お絵かき・落書き、作品イラストの下絵用→iPad mini+タッチペン

・作品イラスト作成・仕上げ→i Mac 27inch(たまにMacbook Air)+Adobe Illustrator CS6


という状況になっています。お絵かき・落書き用には将来的には「iPad Pro+Apple Pencil」を導入するつもりですが、画力がそれを使いこなすレベルまで達していない、その割に投資額が大きすぎるとの理由から購入を見送っています。

 それに加えて重要視しているのが「サイズ感」です。iPad miniの7.9インチという画面サイズは、私にとって非常にメリットがあると感じています。それは

・価格が安い

・持ち運びに便利

・小さくて軽いので、寝っ転がっても描ける

・片手でしっかりホールドして持てる

・外出先で使用していても、他人に覗かれるリスクが少ない

・画面の外に手を置けるのでパームリジェクションが(必ずしも)必要ない


です。ただし、反対にデメリットもあります。

・パレットを多く表示できない

・ストロークが大きい描き方をする人は不利(私は問題ない)


これらのメリット・デメリットを勘案して私は今のところiPad miniをチョイスしています。

 ベストとしてはこのminiのサイズでiPad Proが発売されることですが、私は今年のWWDCでminiのラインナップを縮小しつつも廃盤にしなかったAppleの姿勢から、Appleは将来的には全てのサイズのiPadをPro化するつもりだと踏んでいます。現状ではiPad Proの画面をスキャンするセンサーが高コストなため、無印とProとをラインナップで分けなければなりませんが、センサーのコストが下がればその必要はありません。それと今回のWWDCからAppleのタブレット端末に対する将来像が透けて見えます。現在Widowsの世界で流行中の2in1タイプのタブレット兼ノートパソコンですが、Appleはタブレットにマウスが使えるようにするのを良しとせず、かたくなにApple Pencilの使用を勧めています(TVCMもそのようなシーンを提案しています)。これはMacはマウスで、iPadやiPhoneはApple PencilでというAppleの方針を示しているのもだと判断できます。このような情勢からminiのPro版の発売は近年中には厳しいかもしれませんが、2〜3年後には実現すると判断しています。

 それまでに、ペイント系アプリでちゃんとした作品イラストを描けるようになっておきたいですね。それには「下絵をモノクロ画として完成させる」「塗りの技術を習得する」というスキルが必要不可欠になります。あーっ、先は長いなぁ!!


【ブログランキング参加中!】 にほんブログ村 イラストブログ 萌え絵(ノンアダルト)へ  




〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉