PNGイメージ-4713B349C513-1
描くたびに微妙にキャラデザ変わってしまっている(笑)この落書きイラストですが、それでもだいぶiPadでのお絵かきに慣れてきました。始めたばかりの頃はガタガタでしたからね(笑)。夕方のファミレスで彩色を仕上げたのですが、iPad miniでは他人に全く気づかれませんでした。やっぱり私はminiがいいなぁ・・・Pro化はよして!




 「寝かせ時間」とは、一般的には料理などで材料を混ぜ合わせた後に一定時間置くことを言うそうですが、私は仕事で完成したデザインを一定時間置くことを勝手にそう呼んでいます。寝かせる時間はスケジュールもあるので様々ですが、だいたい一晩から数時間の間が多いです。なぜ「寝かせ時間」をとるかと言うと、デザインの制作中はあまりにもその作業に没頭しすぎてしまい、客観的に自分のデザインの良し悪しを判断できなくなるからです。頭の中からそのデザインの残像が抜けて客観的に見られるようになるまでそのデザインを寝かせておき、後で改めてチェックしてからクライアントに送付するようにしています。

 この寝かせ時間ですが、なるべく短くする方法があります。要するに、そのデザインの残像を頭の中からなるべく追い出せばいいのです。追い出すには全く別のものをインプットすればいい、ということなので、私はその時間を別の仕事や、このブログで公開しているイラストの制作に当てることにしています。この方法はイラストのデッサンの狂いを確認するのにも使えます。デッサンの確認の定番の方法(これについてはこちらの記事もどうぞ)は左右反転ですが、この寝かせ時間を取るのもかなり有効です。その時間を短くしたいのなら、同じようにそのイラストの残像をなるべく早く頭の中から追い出せばいいので、別のイラストを描くとか、全く別のことをすればいい、ということになります。

 まあ、寝てしまえばいいという話もありますが、寝るだけだとリラックスしてしまい、残像を追い出す効果は薄いように感じます。何か別のことに意識を集中させる方が効果的ですね。全くの個人的体験からの方法論ですが、ぜひ一度お試しあれ。


【ブログランキング参加中!】 にほんブログ村 イラストブログ 萌え絵(ノンアダルト)へ  




〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉