28573367_p0_master1200-1
予定として『その4:「書類から見る制作の流れ」、その5:「税金あれこれ」、その6:「プロの心得」』とありますが、ここまで網羅すると迂闊に不確かな情報を描けなくなるので、取材に時間がかかっているのでしょう。正直、この3本だけで初心者には十分だと思います。








 私は日常的に印刷会社やweb業者への入稿業務を行っています。その経験から「プロのイラストレーターを目指すなら最低限知っておかなかればならない知識」をコラムでご紹介したいと思います。今回はその27回目「WEBマンガ『目指せイラストレーター』のご紹介」です。

 プロのイラストレーターをされている、しみずとしやすさんの「プロのイラストレーターとは?」「プロのイラストレーターになるためには?」を解説したマンガです。

 少ないページ数でかなりの情報が詰め込まれていますので、読みにくい部分はあるかと思いますが、なるべく平易に、わかりやすく解説しようとしている姿勢は素晴らしいと思います。ここに描かれていることは概略でしかありませんが、プロを目指すなら知っておかなければならない知識ばかりなので、内容が全て飲み込めるまで何度も読み返してください。

 ただ、いくつか気になる点もあるので、以下に補足しておきます。

・『その1』で、「イラストレーターは飾り付けを手伝う仕事」という説明がありますが、これはずいぶんと謙遜した表現です。デザイナーの立場からすればイラストは「ビジュアルメイクの一翼を担う重要な要素」です。これについてはいずれ解説したいと思います。

・『その2』でポートフォリオの重要性が解説されていますが、当ブログでもここで記事にしています。マンガには小さく「実績がなければオリジナルで」と補足されていますが、この業界は一にも二にも実績主義です。実績がない「自称イラストレーター」はほとんど相手にされませんのでご注意ください。

・『その3』で2色刷り(特色刷り)についての解説がありますが、これは特色(DICやPANTONEなど)やダブルトーンなどの製版知識が必要になります。現在はフルカラー印刷が安価ですのでめったに使われなくなりましたが、雑誌のモノクロページのカットイラストなどは「特色2色でイラスト作成を」と指示される場合もありますので、プロを名乗るなら当然知っておかなければならない知識です。大きい本屋に印刷・製版関連の書籍がありますので、そちらを読んでしっかりと理解しておいてください。

 あと、全体的にかなりマイルドな表現になっていますが、そこは「掲載サイトがpixivである」ということに配慮したと理解すべきでしょう。現実はこんなに「ほんわか」していませんので、そこは誤解のないように。

以上です。


【ブログランキング参加中!】 にほんブログ村 イラストブログ 萌え絵(ノンアダルト)へ  




〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉