_SL500_
英語版でよければこちらで『やさしい人物画』『ルーミスのクリエイティブイラストレーション』『やさしい顔と手の描き方』『初めてのイラスト教室』のPDFが無料でダウンロードできます。




 ルーミスとは、アンドリュー・ルーミス(1892 - 1959)というアメリカのイラストレーターです。すでに故人ですが、「やさしい人物画」を始めとする数々の技法書は、現代においても「人物画の基礎の基礎」としてイラストレーターや画家を目指すなら必読の書とされています。

 必読の書・・・確かにそうなのかも知れません。でも、好きなアニメやマンガの模写からお絵かきを始めるパターンがほとんどのこの国で、果たして十ぱ一絡げに「必読」としていいものかどうか、ちょっと疑問に思います。お絵かきを始めた当初、デッサンなんて1mmも知らないでひたすら模写と空描きを繰り返していたあの日。自分が描くペン先から好きなキャラが生まれるという、新鮮な喜びにしたっていたあの日。そんな頃に「ルーミスを読んで勉強しないと云々」なんて言われた日には、無粋以外の何物でもありません。「ほっとけ、好きで書いてんだからさ、こっちは」ってなもんです。それに、自分の描いた人物画の、どこがどうデッサンが狂っているか判別できない初心者に、ルーミスもへったくれもありません。そんな段階でルーミスを勉強したって「アニメキャラの模写」が「ルーミスの模写」になっただけで、ちっともデッサンの訓練にはならないでしょう。どうせ模写するなら、自分の好きなキャラの方が100倍楽しいですからね。

 とにかく、好きでお絵かきを続けていれば、いつかは「お絵かき」から「イラスト制作」にステップアップしたくなる日がやってきます。その時点で初めてルーミス先生に頼ればいいのではないでしょうか。具体的には小学生からお絵かきを始めたとして、例えば高校生になってからとか、もしくは高校卒業後でもいいでしょう。本人が「ルーミス先生に師事したい」と思うその日まで、ひたすら「お絵かきたのしす!」な日々を送っていればいいと思いますね。


【ブログランキング参加中!】 にほんブログ村 イラストブログ 萌え絵(ノンアダルト)へ  




〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉