校舎
『[No.28]慣れないブルマではみパンした交換留学生のJK』で描いた校舎のイラスト。精度はこの程度までで、これにガウスをかけて背景に使用しています。




 イラレで萌え絵を描くという、とってもマニアックな(笑)挑戦をしている私ですが、ある程度ならペイント系のような描写ができることに手応えを感じています。それプラス、イラレならではのメリット(修正が容易、データの使い回しの簡易さ)も画力のない私にとって、心強い味方になっています。ただ、ここにきて新たな問題も浮上してきています。それは「背景」。最近のイラストの流行の傾向として、背景の描きこみの細かさが評価につながっている画をよく見かけるようになりました。

 そこで、背景画や風景画をイラレで描いている人がどれだけいるか、どんなイラストを描いているか調べたところ、これが圧倒的に少ない。もちろんパースのかかっていない、簡易的な平面イラストならいくらでも見つかるのですが、それじゃ全然お話になりません。例えばツイッターで見かけたこの素晴らしいイラストをイラレで描こうとしたら、絶望的な作業量を強いられてしまうでしょう。


 ペイント系だと、「タッチでごまかし」ができるのですが、イラレはそもそも「タッチ」という概念が存在しない(ブラシツールを使えばある程度再現は可能ですが、どのみちパスを引かなければなりません)ので、どうすればいいか途方に暮れてしまいます。現状では、ある程度ざっくり描いて、あとはガウスでごまかしているだけですが、そろそろイラレで背景を描く方法論の確立も考えなければならない段階に入ってきたようです。


【ブログランキング参加中!】 にほんブログ村 イラストブログ 萌え絵(ノンアダルト)へ  




〈PR〉
〈PR〉