追悼イラスト
私が描いた「追悼イラスト」。追悼メッセージやキャラ名は削除しました。




 最近、某声優さんが急死されたことがニュースになり、私もその声優さんが演じたキャラに思い入れがあったために追悼メッセージと追悼イラストを描かせていただいて、ツイートしました。私の場合、あまりにも突然の死の報だったため、最初にツイートした追悼メッセージはネットにあったそのキャラの画像を使っただけのものだったのですが、それじゃ「パクツイ」と変わりなく、あまりにも手抜きだと思い直し、自分で描いたイラストを添えて改めてツイートしたのです。ただそれだけの行為だったのですが、一部では故人の担当キャラを描く「追悼イラスト」を快く思わない方もいるようで、「リツイート稼ぎ」という批判をする方も少なからずいるようです。

 まあ、リツイートを稼ぎたいなら有名キャラの方が有利なのでそれを描けば良い話ですが、私はこちらのキャラの方が思い入れがあったために、その有名キャラは描きませんでした。他の方の「追悼イラストを描く心理」はよくわからないので、迂闊なことは言えませんが、中には有名キャラを描くことによる「リツイート稼ぎ」を目的に追悼イラストを描く方もいるかも知れません。

 動機はどうであれ、その声優さんやキャラの思い入れ度合いなんて本人しかわからないことなので、他人がとやかく言う問題ではないと思いますが、ひとつ注意すべき点があるように感じました。それは、

「追悼イラストのシチュエーションを死を悼むもの(キャラを泣かせるとか、花を持たせるとか)にしたり、それを意味するセリフを喋らせるべきではない」

ということです。そして、もしそれをやっても許されるのはそのアニメの関係者(原作者・監督など)だけではないか、ということです。

 実はこのイラストも、キャラが手を振って声優さんに向けてサヨナラを言わせる予定で描いていました。しかし、単なる素人のいちファンが、面識もない故人の追悼イラストにそこまでするのは「あざとい」のではないかと思い直し、描き直したのです。私はこれで正解だったと思っています。素人が勝手に担当キャラを改変し、面識のない故人を追悼させるなんて、葬式にずかずかと上り込んで遺産を要求する愛人並みに「図々しく」「みっともない」行為に思えます。その図々しさに一部のツイッター民が「リツイート稼ぎ」と反発しているのではないでしょうか。

 どんな追悼をしようがその方の自由ですが、Twitterという場は膨大な人が行き交う公共の交差点のような場所です。そこでの立ち居振る舞いは、それぞれの身の丈にあったものであるべきでしょう。それがその人の身の丈にあっていない、「図々しくもあざとい」と受け取られかねないものであるのならば、「リツイート稼ぎ」という誹りを受けても仕方ないな。そう感じました。


【ブログランキング参加中!】 にほんブログ村 イラストブログ 萌え絵(ノンアダルト)へ  




〈PR〉
〈PR〉