itaema
やっぱり自分で描いた以上は、なるべく自分でお納めしないとね。痛絵馬を衆目に晒すのは、思ったほど恥ずかしくなかったです。




 さて、2018年が始まりました。この記事で書いた通り、元旦に痛絵馬を神田明神に無事奉納してきました。色々考えたのですが、始発で行けばまだ人は少ないだろうから奉納するのも恥ずかしくないと考え、朝7時頃に神田明神に到着。お参りの後、お納め所に誰もいなくなるタイミングを見計らってサッとお納めし、すかさず写真を撮りました。それから少し境内を散策し、私は個人事業主なので商売繁盛のお札を授からせていただいてから神田明神を後にしました。思った通り参拝客も少なく、ヲタさんたちもさほど多くはなかったように思います。

 ところで、こういった痛絵馬に代表される「日本古来の宗教文化に広がる萌えを含むサブカルチャーの功罪」についてですが、私個人としては「その対象となる寺社が拒絶していない限りは問題ない」という立場です。私は中〜高校生の頃にさだまさしや日本文学に影響され、日帰り圏内にある寺社や城によく赴いていました。その頃はそういった趣味を「じじむさい」「末法くさい」と言われ、奇異な目で見られていたものです。当時は「外国の価値観の方が優れていて、日本もそれに学ぶべき」という風潮が蔓延していました。「日本人はバナナ」、つまり外は黄色(黄色人種)でも中身は白(白人)という揶揄を賛辞と受け取るくらい能天気だったのです。それが現在、きっかけはどうであれ若い人たちがそういった日本古来の文化や美意識に興味を持ち、それを学ぶのは素晴らしいことだと思いますし、羨ましいとさえ思います。時代は変わるものですね。

 まっ、痛絵馬を描いて奉納したのはそんな深い考えがあったわけではなく、単に「やってみたかっただけ」なんですけどね(笑)。

 そんなこんなで、2018年の幕開けです。

PNGイメージ-73EEAE408DF6-1

おまけ:元旦午前0時に集中することで話題の「あけおめツイート」を投稿完了するまで、4G環境下のイラスト(画像)添付でどのくらい時間がかかるか試してみました。結果はこちら。再投稿になることもなく、0:01には投稿完了。Twitterの中の人、頑張ってますね。


【ブログランキング参加中!】 にほんブログ村 イラストブログ 萌え絵(ノンアダルト)へ  




〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉