各アートボード
地味に使っていたこの機能、復活したのは嬉しいですね。




 イラレのCS6を使用している方はまだまだ多いと思いますが、Sierra(おそらくHigh Sierraも同様)で「書き出し」の「各アートボードごと」のチェックボックスが使用できないバグがいつのまにか修正されていたようです。

 イラレでデザインを起こした際、クライアントチェックにはPDFで書き出すのが一般的ですが、ファイルサイズが大きくなる場合「JPEGでの支給をお願い」されることがままあります。その場合、「WEB用に保存」か「書き出し」かどちらかを使うのですが、「WEB用に保存」機能は複数アートボードに対応していない(アクティブのアートボードしか書き出してくれない)という弱点があります。ですので多くの場合、「書き出し」の「各アートボードごと」の機能を使うのですが、Sierra環境ではなぜかこの機能が使えないというバグがありました。仕方がないので「WEB用に保存」で代用したり、CCを使ったりしていたのですが、いつのまにか修正されていた様です。

 とってもユーザーに優しいAdobeさん(笑)が過去のバージョンであるCS6のバグフィックスをしたとは考えられないので、おそらくOSのアップグレードで修正されたんだと思います。ちなみに私のMac OSの環境は「バージョン 10.12.6」です。表示がまだおかしいですが、それはご愛嬌。再び使えるようになっただけでもありがたいですね。

 ちなみにチェック用JPGの書き出しのレシピは

・カラーモードはCMYK
・画質はなるべく低く(ファイルサイズと相談)
・解像度は高解像度(300dpi)
・アンチエイリアスは「文字に最適」

がおすすめです。

 解像度を上げて画質を下げるのは、細かい文字を読みやすくしつつ、ファイルサイズを小さくするためです。最近のクライアント(大手さんは特に)はセキュリティ強化の一環で、一定のファイルサイズ以上の添付ファイルは受け付けないようになってきています。さらに悪いことに「宅ふぁいる便」などのファイル転送サービスをNGにしているところもチラホラ。セキュリティと利便性は二律背反ですが、手間だけ増えるのは困りもの。そういう意味でもこの機能が復活したのは嬉しいですね。