レスポンシブ
これがSafariの「レシポンシブ・デザイン・モード」でのスマホ向けサイトの表示画面。とっても便利だし、このモードを使えばMac(PC)からインスタグラムへの投稿が可能になります。




 うーん、Safariにこんな機能があったとは。今までわざわざ手持ちのiPhoneやiPadで表示を確認していたのがバカみたいです(笑)。これはWEB開発者向けツールですので、隠し機能として搭載されているものみたいです。以下がその手順です。


(1)Safariのメニューバーの「Safari→環境設定」を選び、環境設定のウィンドウを開く

(2)歯車マーク「詳細」タブの一番下「メニューバーに“開発”メニューを表示」にチェックを入れる

(3)メニューバーの右から三番目に「開発」メニューが現れるので、そこから「レシポンシブ・デザイン・モードにする」を選択

(4)するとプラウザが上記のような表示になるので、あとはお好きなモードで表示をご確認ください

(5)この表示のま「レシポンシブ・デザイン・モードを終了する」を選択すると、グレー部分がなくなりウィンドウ全体にスマホ向けサイトが表示されます



 このMac版SafariでiPhoneサイトを表示させる機能を使えば、「スマホからでしか写真を投稿できない」とされているインスタグラムでもMac上から投稿できます。ちなみにWindowsですと、Chromeを使った同様の方法が紹介されています。

Google Chromeブラウザでスマートフォンサイトをチェックする

 私はWeb畑の人間ではありませんが、紙もの広告→Web展開の流れから時々Webデザインを手伝わされることがあります。現状ではスマホ向けではなくPC向けのみですが、スマホ全盛の昨今、今後スマホ向けも考えたデザインを強いられる可能性があります。そんな時、この機能を知っておけば便利ですね。