Cairo_conference
カイロ会談における蒋介石・ルーズベルト・チャーチル(1943年11月25日)

カイロ宣言wikipedia:カイロ宣言より)

 カイロ宣言(カイロせんげん、Cairo Declaration)は、第二次世界大戦中の1943年に開かれたカイロ会談(Cairo Conference)を経て示された宣言。軍事行動を前提とした連合国の対日方針などが定められた。「カイロ宣言」は日時や署名がなく、公文書も存在しておらず、宣言として扱うことが適切かについては議論もある。

概要

 対日方針を協議するため1943年(昭和18年)11月22日からエジプトのカイロで開催されたフランクリン・ルーズベルト米大統領、ウィンストン・チャーチル英首相、蒋介石国民政府主席による首脳会談を受けて、12月1日に発表された「カイロ宣言」。蒋は会談で、ルーズベルトの問いに答え、天皇制の存廃に関しては日本国民自身の決定に委ねるべきだと論じた。米国が起草した宣言案を英国が修正し、日本の降伏と、満州・台湾・澎湖諸島の中華民国への返還、朝鮮の自由と独立などに言及した宣言が出された。カイロ宣言の対日方針は、その後連合国の基本方針となり、ポツダム宣言に継承された。

カイロ宣言の日本語訳

「ローズヴェルト」大統領、蒋介石大元帥及「チャーチル」総理大臣ハ、各自ノ軍事及外交顧問ト共ニ北「アフリカ」ニ於テ会議ヲ終了シ左ノ一般的声明ヲ発セラレタリ。
各軍事使節ハ日本国ニ対スル将来ノ軍事行動ヲ協定セリ。

三大同盟国ハ海路陸路及空路ニ依リ其ノ野蛮ナル敵国ニ対シ仮借ナキ弾圧ヲ加フルノ決意ヲ表明セリ右弾圧ハ既ニ増大シツツアリ。

三大同盟国ハ日本国ノ侵略ヲ制止シ且之ヲ罰スル為今次ノ戦争ヲ為シツツアルモノナリ右同盟国ハ自国ノ為ニ何等ノ利得ヲモ欲求スルモノニ非ス又領土拡張ノ何等ノ念ヲモ有スルモノニ非ス

右同盟国ノ目的ハ日本国ヨリ千九百十四年ノ第一次世界戦争ノ開始以後ニ於テ日本国カ奪取シ又ハ占領シタル太平洋ニ於ケル一切ノ島嶼ヲ剥奪スルコト並ニ満洲、台湾及澎湖島ノ如キ日本国カ清国人ヨリ盗取シタル一切ノ地域ヲ中華民国ニ返還スルコトニ在リ

日本国ハ又暴力及貧慾ニ依リ日本国ノ略取シタル他ノ一切ノ地域ヨリ駆逐セラルヘシ

前記三大国ハ朝鮮ノ人民ノ奴隷状態ニ留意シ軈テ朝鮮ヲ自由且独立ノモノタラシムルノ決意ヲ有ス

右ノ目的ヲ以テ右三同盟国ハ同盟諸国中日本国ト交戦中ナル諸国ト協調シ日本国ノ無条件降伏ヲ齎スニ必要ナル重大且長期ノ行動ヲ続行スヘシ


感想

 その後のポツダム宣言の礎となったカイロ宣言。この段階では太平洋戦争中の交戦国(米・英・中華民国)が一方的に宣言しただけの代物に過ぎませんが、日本も受諾したポツダム宣言にはこの「カイロ宣言を履行すべし」との条項があり、第二次世界大戦後その通り履行されました。その結果、満州・台湾・澎湖諸島の中華民国への返還、朝鮮の独立が実現したのですが、なぜか中国共産党はこのカイロ宣言を根拠に「台湾は自国の領土」などと主張しているそうです。

 まあ、中国共産党としては中華民国が所有していた権利は全て譲り受けたという考えなんでしょうけど、さすがにこれは無理があるというもの。現在は目立った衝突がないため忘れがちですが、中国は大陸側と台湾側で主権者が異なる「分断国家」です。つまり今だに内戦状態にある、ということですね。第二次世界大戦後、カイロ宣言通り中華民国が大陸と台湾の全地域の支配を確立しましたが、その後中国共産党との国共内戦に突入。その結果大陸側を共産党が、台湾を国民党が支配地域とし現在に至っているのです。なのに、どう理解すれば(すでに履行された)カイロ宣言を根拠に台湾の領有を主張できるのか、全くもって意味不明です。カイロ宣言の「台湾を中華民国に返却すべし」という趣旨を正確に履行するなら、現在の台湾の状態がまさしく「カイロ宣言の通りの状態」と言えなくもないし、そんな事を言ったら、満州は中華民国(台湾)のものになってしまいます。

 その中国共産党の「無茶ぶり」が「捏造」までに進化したのが、2015年に抗日戦争70周年記念として公開された『カイロ宣言』のポスター。なんとカイロ会議には参加もしていなければ存在すら気にかけてもらっていなかった毛沢東が堂々とメインで登場しています。(一応、ルーズベルト、チャーチル、スターリンがメインのバージョンも存在しますが、だとしてもそれらと同格というのはかなり「盛りすぎ」)。それに中国のネットユーザーが飛びつき、揶揄と哄笑の対象に。それを日本をはじめとするメディアが面白おかしく採り上げる、という事態になりました。

640_7722416c067117ffea5fd856dfa41df6

 では実際の映画ではどうだったのか? 予告編を観た限りではCGもなかなか気合が入っているようですが、映画で描かれているのは重慶爆撃から日本敗戦までなので、毛沢東もそれなりに活躍したいた時期の話です。ですのでポスターに毛沢東が登場してもおかしくはありません。まあ、映画の内容は観ていないので、描かれている歴史の正確性については検証しようがないのですが、想像するにタイトルを「カイロ宣言」としたのはやはり共産党の「カイロ宣言の内容をもっと国民に知らしめるべき」という思惑を感じずにはいられません。しかし、当のカイロ宣言の主役は毛沢東ではなく蒋介石です。では、映画のタイトルを『日本敗戦』とでもしておけば問題なかったでしょう。ですがそうなると「カイロ宣言」の宣伝にはなりません。その相反する要求の前に映画会社の苦労を感じてしまいます。すなわち「共産党の思惑通りカイロ宣言は宣伝したい、しかしそこに毛沢東がいなかった歴史的事実は曲げられない・・・」そんな苦悩の果てがこのポスターなのではないでしょうか。

 ネット時代に入り、さすがに「歴史の大胆な捏造」は難しくなってきました。その代わり、こういった「歴史的事実を無理やり自国に有利に解釈する」という手法は今後も多くなっていくでしょう。この映画『カイロ宣言』のポスター騒ぎが、「カイロ宣言」における中国共産党の「無理やり解釈」っぷりを如実に表しているのではないか、私はそのように思います。