カテゴリ: 制作過程・制作ノウハウ

完成するとこんな感じ。100均の色鉛筆でも丁寧に塗り重ねるとそこそこ発色してくれます。肌色は木肌色なので塗っていません。髪のハイライトは失敗しそうだったのでやめておきました(初心者にそこまで要求しないで。笑)。次回の課題ですね。  神田明神に奉納する痛絵馬 ...

画像をクリックすれば拡大します。aiデータ(CS3)とPDFファイルも用意しましたのでダウンロードしてお使いください。  このブログでも何度も言及しているように、イラレ(Adobe Illustrator)は使いこなすのが非常に難しいソフトウェアです。特に難しいとされているのが ...

描くたびに微妙にキャラデザ変わってしまっている(笑)この落書きイラストですが、それでもだいぶiPadでのお絵かきに慣れてきました。始めたばかりの頃はガタガタでしたからね(笑)。夕方のファミレスで彩色を仕上げたのですが、iPad miniでは他人に全く気づかれませんでし ...

前回までの作業状況。顔と前髪を描いただけ。顔や体のバランスなど、微調整はまだまだこれから。  イラレ(Adobe Illustrator)で萌え絵を描く手順[その2]です。[その1]はこちらをご覧ください。それでは続きをどうぞ。 (6)左右反転して元に戻します。服装はワン ...

まずは下絵から。とは言っても、私の場合アタリ程度のラフ画でしかありません。どうせイラレ上でチマチマ微調整を繰り返すので、ここで描き込んでも全く意味がないからです。髪型も服装も小物類も未定。ポーズさえ変わってしまう可能性があります。  イラレで萌え絵を描 ...

普段はあまり過去画を見返すことはありませんが「あの頃の目の描き方どうだっけ?」と、いきなり必要になる時があります。そうなれば頼りになるのは日付だけです。めんどくさいですが、クセをつけておきたいですね。  デジタルで画を描く場合は自動的に作成日が記録され ...

使い方次第ではトレースの省力化に役立ちそうですね。使用アプリはAdobe Illustrator CS6 for Macです。  通常、イラレの画像トレースは「面」でトレースされます。つまり、下絵がいくら「線」で描かれていてもその「線」の白と黒の境界を感知して、線なのにぐるっとパス ...

背景が白だと見にくいのでグレーにしました。(クリックで拡大します)  イラレのレイヤー分けについて質問がありましたので、お答えいたします。と、言っても全然大したことでもないんですが。  上記の画像の通り、10〜15程度のレイヤーに分かれています。ポーズや服 ...

『ちょっとお!』の下絵はこれだった。ここから体のデッサンを修正しつつ下半身を伸ばして描いたのだが、ほとんど下絵の意味をなしていない(汗)。下絵を適当に無視できるのは、イラレのいいところでも悪いところでもある。  現在、イラレで萌え絵を描き始める場合、以 ...

落書きやスケッチは楽しいけど、ここで終わらせては何にもならない(反省)。  ン十年ぶりに本格的に画を描くのを再開してみて、改めて「彩色もデッサンである」という事実を突きつけられている状態です。  デッサンといえばスケッチやクロッキーで訓練するというのが ...

今回私がイラレで試みているこの塗り方は「ブラシ塗りのイラレ版」と言えるかもしれない。(制作中のイラストより)  本格的にデジ絵を初めて3ヶ月になりましたが、デジタル彩色の名称についてイマイチ理解が足りていない部分があったようです。非常にわかりやすい解説ペ ...

全身を描く際の注意点をまとめたメモ。参考になれば。乱筆失礼。  私がイラストを制作するプロセスを、主に心理的な側面から自己分析してみたのでご紹介します。個人差はあるかもしれませんが、共感していただける部分も多いのではないでしょうか。創作活動のモチベーシ ...

私が高校生の時に描いたイラスト。当時は完璧に描けたと思っていたのですが、今見るとヒジや首の太さなど、あちこちにデッサンの狂いが見えます。日付は1981年11月5日となっていますね。遠い過去です。  イラストを描いていて気になるデッサンの狂いやバランスの崩れ。み ...


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉








↑このページのトップヘ