カテゴリ: 使用ソフト・アプリ・ツール・ガジェット紹介

個人的に使用頻度の高いアプリ「ロケスマ」。ピンの表示スピードが格段にアップしています。  サクサクとの噂のiOS12を、iPad対応機種では最低スペックのiPad mini 2にインストールしてみましたので、その使用感をレポしたいと思います。  iPad mini 2の発売は2013年で ...

サプライズはありませんでしたが、年末商戦に向けて、年内に追加で発表になる可能性はまだ残っています。その時にiPadやiPad miniに関する何らかのアナウンスがあるかも知れないですね。  まあなんと言いますか、ほぼリーク通りですね。「リーク」といいますが、結局それ ...

この金色の輪はワイヤレス充電の「AirPower」だと思うんですが、だとするとこの「AirPower」に対するAppleの並々ならぬ意欲(ワイヤレス充電企画の独占・普及)を感じ取ることができますね。  さまざまな情報を総合すると、今年秋のAppleのイベントでの発表は ・フルス ...

以前「イラレ(Adobe Illustrator)ってどんなソフト?」の記事用に描いたイラスト。イラレの機能は主にこの3つですが、CS時代になってから(擬似)3D機能が充実しました。ですが現場ではあまり積極的に使われてはいないようなので、覚えるのは最後でいいでしょう。  多 ...

スティーブ・ジョブズがマニラ封筒から取り出して見せた伝説のプレゼンから10年。ついにこの筐体デザインと決別する日が近いんですね・・・。ユーザーとしては感慨深いものがあります。  ビックカメラで「この夏だけの特別価格で、MacBook Airを手に入れよう。10,000円オ ...

ずいぶんとスッキリしたスプラッシュ画面。前バージョンのルーラーで描いた変なオウムよりずっといい。  いわゆる「アニメ塗り」には欠かせない「透明部分の保護」(はみ出し防止)機能ですが、Tayasuiでは「不透明度をロック/アンロック」という名称で実装されました。 ...

「オブジェクトのアウトライン」を適応すると、なぜか少しテキストが太ってしまうのですが、テキストをアウトライン化すれば問題ないようです。(クリックで拡大)  「ざぶとん(座布団)」とは、古い時代のデザイナーなら「色ベタ・文字白抜き」「色ベタ・文字色抜きあ ...

あいかわらず適当すぎる下絵(笑)。ここからイラレに持って行って、チマチマとパスでトレースしながら描いています。  私の現在の作品イラスト制作環境は、iPad mini(第二世代)とタッチペンでTayasui Sketchesを使って下絵を描き、それをMacに転送してAdobe Illustrat ...

イラレユーザーなら、アウトライン表示を見ればある程度どうやってデータを作っているか判別できます。もちろんaiデータを手に入れられれば、更にいろいろなことがわかりますが、aiにしろpsdにしろ絵師さんに「元データをください」というのはかなり不躾な要求なので、自身が ...

仕事で使っている「フォントガイドブック for DTP(1996年度版)」にも、それは「堂々と」掲載されています。  イラスト描きや絵師さんにとって、同人誌やフライヤー、名刺など頒布する印刷物を制作する以上、「グラフィックデザイン」という作業から逃れることは(誰か ...

粒状感はこんな調子。1型センサー機のSONY Cyber-shot DSC-RX100で撮影したので、見た目とほぼ同じです。(クリックで拡大)  A3ノビプリンタで約2万円と、とにかくコスパに優れた「EPSON PX-1004」ですが、この機種は「ビジネス用A3ノビプリンタ」という位置付けなので ...

Adobe Illustrator CC 2018のスプラッシュ画面。イラストの是非はともかくも、バージョン年号くらいどこかに大きく表示すべきでは?  昨年秋リリースされたイラレCC2018には「文字組が崩壊する」という致命的なバグがあり、Twtter界隈で大騒ぎになったこともあって、私は ...

macOS Mojave(モハベ)のダークモード。これが今回の基調講演で一番盛り上がった瞬間って・・・苦笑  今年は例年になく地味な内容・・・と言えるんでしょうか? 新ハードウェアの発表はありませんでした。基調講演の内容は (1)iOS12 (2)watchOS (3)tvOS ...

すっかり落書き&下書き用マシンと化してしまった私のiPad mini 2。Apple Pencilが使えないので「Digio2スワロフスキー付タッチペン」で代用しています。さて、今回のWWDCで買い換えることになるのか否か? 期待・・・できないですね(笑)。  昨年の『WWDC 2017』のま ...








↑このページのトップヘ