カテゴリ: 萌え絵・デジ絵を考察する

イラスト制作時の私の机。現在作成中のイラストを表示してみました。下絵とイラレの画がかなり違っていますね(汗)。ここにある機材・アプリケーションが制作ツールの全てです。  Amieeさんからメールで質問がありましたので、ここでお応えいたします。また、質問にはあ ...

『[No.28]慣れないブルマではみパンした交換留学生のJK』で描いた校舎のイラスト。精度はこの程度までで、これにガウスをかけて背景に使用しています。  イラレで萌え絵を描くという、とってもマニアックな(笑)挑戦をしている私ですが、ある程度ならペイント系のよう ...

『ごちうさ』は以前チノちゃんを描いてみましたが反省点も多いので、今度は『ゆるゆり』の版権絵に挑戦してみようかな。かわいそうだから存在感の薄いあの方とか(笑)。  今現在、私が萌え絵を描くにあたって一番参考にしているのがこの両氏なんですが、調べてみると両 ...

可愛い画や萌え絵は描きたいけど、それが他人にとって「シズル感のある画」になっているかどうかはちょっとわからない。でも、少なくとも作者である自分自身が、自分で描いた画にシズル感を感じないとお話にならない。「自分が描いてて萌える画」これが萌え絵師へのスタート ...

スカパン(スカートパンツ)ってロマンがないよなあ「男のロマン」が・・・。  男性萌え絵師が萌え絵を描きはじめて苦労するのは「女子知識のなさ」です。女の子、しかも可愛い女の子を可愛らしく描くには、ファッションやアクセ、化粧やスイーツ、グルメまで様々な女子 ...

胸の下に陰を落とすだけですでに「エロ(萌え)の記号」になります。ああ陰の力は偉大なり!(笑)  まずは少し前のこのニュースから。 東京メトロ公式キャラ「駅乃みちか」が大物議 批判受け修正  先日発表された東京メトロの公式キャラクター「駅乃みちか」の「萌 ...

よく訊かれる「描いた女の子が理想の女の子?」というのはちょっと違う気がします。だいたいにおいて、二次元はリアルでは実現不可能な萌えを追求するものです。その逆もしかり。二次元をリアルに置き換えたコスプレが微妙なのは周知の通りです。せいぜい3DCGやフィギィアな ...

女の子が可愛く描けるか否かはパスのちょっとしたハンドリングにかかっています。それがイラレのいいところでもあり・・・苦悩するところ(笑)でもあります。  「ブログは100記事を書いて初めてスタート」「100記事以下のブログは価値がない」などとブログ界隈ではよく ...

最近最終巻の第三巻が発売されて完結した『千と万』。ちょっと残念なのはこのお父さんは「お父さん」じゃなくて「お母さん」なところ。作者は女性なので男性心理がよくわかっていない気がします。でも面白かったのでそのうちアニメ化されそうですね。  あんまり大きい声 ...

主人公のココアより人気があるんじゃないか、と思うのがこのチノです。私自身もこの娘に萌えますね。  私が萌え絵を描こうとした今年の初め、世の中に溢れる様々な萌え絵を収集していて、やけに同じ作者の萌え絵を集めてしまうな、と思ったのが『NEW GAME!』と『ご注文 ...

記憶を頼りに資料を一切見ずに描きました。中坊の頃に描きまくって以来です。そんなに大きくは間違っていない・・・はず。  27歳頃だったある日、当時組んでいたロックバンドでベースを担当していたYくんと飲んでいた時のことです。同い年だった彼と私は受けてきた影響も ...

私が今まで描いた萌え絵の中で一番「マンガ絵」「アニメ絵」寄りなのがこの『走ろっ!』。これを「萌え絵」と呼ぶにはちょっと抵抗がある。  現在では世間一般に広く浸透したと言える「萌え絵」というカテゴリーですが、当ブログでは「その画を見た当人が萌えられれば、 ...

私が描くこの画に私自身が「萌え」られなければそれは私にとって「萌え絵」ではない。そしてそれは見る人にとっても同様だ。 「萌え絵の多くは、アニメ・マンガをその手本(ルーツ)としているため、そういった嗜好のあまりない私にとってそれらは魅力的に感じられない。 ...

影の練習はスケッチでもできるけど、シワの理解は彩色しないとなかなかむずかしいかも。  すでに何作かのイラストを描き、pixivにもアップしていますが、自分の描くイラストは「美少女イラスト」であって「萌え絵」ではないという感覚が拭いきれないでいます。もちろん「 ...

最上は「もがみん」と呼ばれているそうですが、なぜかボクっ娘キャラだそうです。  2013年4月にサービスが始まり、あっという間にブラウザゲームの大ヒット作となった『艦隊これくしょん』(通称『艦これ』)ですが、私はサービス開始当初からこのゲームに注目していまし ...


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉








↑このページのトップヘ