カテゴリ: お絵描きの日々雑感

長い人生の時間のそのほとんどを「仕事をして」過ごすのだから仕事選びは極めて重要。加えてフリーランスを選ぶなら尚更です。であれば「ほんの数年フリーランス生活を味わってみただけ」で「フリーランスとはなんぞや」と説く記事になんの説得力もあろうはずがありません。 ...

日曜日だったこともあったのか、結構な人数が入場していました。アクアショップのペンギンビレッジやアクアフォレストに展示されている水草水槽を見慣れていると「入場料1300円でこれ?」と思うかも。目玉の「水草ウォール」はまあまあでした。  アクアリストで天野氏の ...

元旦早朝7時頃の神田明神。参拝客は拝殿前に少し並んでいる程度でした。おそらく年越し参拝勢と元旦朝参拝勢のちょうど間の人の少ない時間帯だったんだろうと思います。混雑を避けたい方は始発早朝参拝が狙い目かもしれませんね。  昨年のお正月の記事に準じて、昨年の ...

やっぱり自分で描いた以上は、なるべく自分でお納めしないとね。痛絵馬を衆目に晒すのは、思ったほど恥ずかしくなかったです。  さて、2018年が始まりました。この記事で書いた通り、元旦に痛絵馬を神田明神に無事奉納してきました。色々考えたのですが、始発で行けばま ...

ワーク「スタイル」ばかり取り沙汰される昨今の風潮はうんざり。本来は「ワーク」スタイルであるべきなのに。あと、フリーランサー(笑)の社会的地位はフリーターと大して変わりません。それはクレジットカードを作ったり、銀行からお金を借りようとすればわかります。公務 ...

あの頃の女子特有の訳のわからない強引さって一体なんなんでしょうね? あとネットワークの広がりの速さとか。そんなに人の噂話に必死にならなくてもいいと思うんだけど・・・。  私には一つ上に姉がいるのですが、その姉は今でいうヲタク、つまり腐女子(小説創作系) ...

リビングのシェルフに並べられた水槽。左から直径30cm球形水槽、直径25cm球形水槽、直径13cmシリンダー水槽。ダメになった水草を撤去したらスッキリしました(笑)。  じっくりと作品イラストに向き合えるヒマがなくなるほど、年末はやることがいっぱいです。まあ、仕事 ...

みのり書房が入居していた「朝日ビル」の跡地に建つ「湯島D&Aビル」。この湯島D&Aビルは「朝日ビル」「(株)優駿楼ダービークラブ」「(株)三優ダービーニュース社」の3つが一緒になったもので、かつての朝日ビル部分はこのビルの裏側に当たります。  私にとってお茶ノ ...

有名なビルを会場にしてイベントに箔をつけ、集客を図るのも彼らの常套手段。でも実際はしょぼくれた会議室という・・・(笑)※写真はイメージです。(写真提供:FreeBackPhoto)  最近新規のフリーランサーが増えてきたのか、フリーランスに仕事の取り方を指南するイベ ...

私が描いた「追悼イラスト」。追悼メッセージやキャラ名は削除しました。  最近、某声優さんが急死されたことがニュースになり、私もその声優さんが演じたキャラに思い入れがあったために追悼メッセージと追悼イラストを描かせていただいて、ツイートしました。私の場合 ...

昼間でも薄暗い地下通路にある『銀座ギャラリー』。そのうち再開発の手が入るでしょうけど、現状では小学生が行く場所ではないですね。  東京・銀座の丸ノ内線銀座駅から、日比谷線の日比谷駅までの地下通路に「銀座ギャラリー」という無料で閲覧できるギャラリーがあり ...

渋谷のHMV & BOOKSの一角にちょこんと展示されている感じ。「魔女の宅急便篇」は10月31日まで、「ハイジ篇」は11月1日から7日まで。  現在渋谷のHMV & BOOKSで開催中の『窪之内英策 原画展』に行ってきましたのでその感想などを。  窪之内 英策といえば『ツルモク独身 ...

購入当初からある小さなドット欠け。こんなことなら、直る前の大きなドット欠けを写真に撮っとけばよかったなあ。  デザイナーはもちろん、カメラマンやイラストレーターにとってもこの「ドット欠け」というのはやっかいな問題です。緻密にデーターをいじらなければなら ...

以前描いた落書き。ヌードデッサンの授業を経験をしたのは19歳頃でしたが、「人体デッサンのポイント」をよく理解していなかったため、何の役に立ちませんでした(笑)。今体験したらもっと有効なデッサンの訓練になりそうな気がします。  素描(そびょう、すがき)、デ ...

作品絵としてネットにアップしている『ごちうさ』のチノちゃんですが、これも「著作権法違反」に該当する可能性が高いです。プロのデザイナーとしてあるまじき行為ですが、描いてみて思ったのは「二次創作は楽しい」という事実です。ですので二次創作者の気持ちはわからなく ...


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉








↑このページのトップヘ