カテゴリ: お絵描きの日々雑感

購入当初からある小さなドット欠け。こんなことなら、直る前の大きなドット欠けを写真に撮っとけばよかったなあ。  デザイナーはもちろん、カメラマンやイラストレーターにとってもこの「ドット欠け」というのはやっかいな問題です。緻密にデーターをいじらなければなら ...

以前描いた落書き。ヌードデッサンの授業を経験をしたのは19歳頃でしたが、「人体デッサンのポイント」をよく理解していなかったため、何の役に立ちませんでした(笑)。今体験したらもっと有効なデッサンの訓練になりそうな気がします。  素描(そびょう、すがき)、デ ...

作品絵としてネットにアップしている『ごちうさ』のチノちゃんですが、これも「著作権法違反」に該当する可能性が高いです。プロのデザイナーとしてあるまじき行為ですが、描いてみて思ったのは「二次創作は楽しい」という事実です。ですので二次創作者の気持ちはわからなく ...

今年6月10日に描いた落書き。この頃は平和でよかった・・・。  今、ツイッター上の話題を独占している『けもフレ2期』の制作体制変更騒動ですが、まあ、私個人が言えることはあまりないにしても、フレンズの「思い入れ」と、ビジネス上の「思惑」がぐちゃぐちゃに絡み合 ...

もう10年近く続けているアクアリウム。震災以前はもっと大きな水槽でしたが、地震が怖いので今は直径35cmのガラス鉢を使っています。その限られたスペースに水草をレイアウトし、流木や石を配置。そこに泳ぐ最適な熱帯魚をチョイスする・・・。単なる趣味ですがこれも立派な ...

ちなみに私はどちらのタイプでもありません。時と場合によりますね。  私はグラフィックデザインの仕事をしていますが、それに絡んだカットイラストも描く(・・・というか描かされる)ことがたまにあります。この間も千葉にある某ショッピングモールのフロアガイドをデ ...

物語後半のショートの紅緒も可愛いのですが、これじゃ期待できないですね。  私には一つ上に姉がいて、中学・高校時代にこっそりと姉の部屋から少女漫画を持ち出しては、自分のイラストの参考にしていた話はここでしましたが、どの漫画家のどの作品だったかまでは、ほ ...

昔、グラフィティ・アーティストを自称する人に自慢げに自分の作品(他人の家の壁に描いた落書き文字の写真)を見せられたことがあります。私は身近にあった紙にさらさらと「それっぽい落書き文字」を描いて見せ、「こんなのコツさえわかれば誰でも描けんじゃん」と言ってあ ...

女性の営業さんも多くなったとはいえ、広告業界はまだまだ男性社会。その中でもイラストレーターは女性比が高く、立場も弱いので狙われやすい。気をつけて。(写真提供:FreeBackPhoto)  これは親友であり、同じ広告業界で頑張ってきた戦友でもあるIさんの話です。   ...

初めてアニメイトに行ってみた感想はこんな感じですが、私個人はアニメに限らずグッズには全く興味がないので、目的を果たしたら早々に退散してしまいました(笑)。  甥っ子に頼まれた学校関係の書類を返送するついでに、何かネタになるものを堅苦しい書類の下に仕込ん ...

東京ビッグサイトのメインエントランスに掲げてあった案内告知。東展示場がここからあんなに遠いとは・・・笑。  前回のvol.44に続いての訪問ですが、ちょっと出かける準備に手間どってしまい、到着したのは午後2時過ぎと遅くなってしまいました。前回は西展示場だったの ...

萌え広告だらけの現在の秋葉原の街。自分も萌え絵を描いてるくせに、なんとなく落ち着かない。(写真提供:FreeBackPhoto)  つい最近、所用があったので5〜6年ぶりにゆっくりと秋葉原の街を歩いてみました。秋葉原といえば私にとっては「家電の街」であり「Mac(PC)の ...

去年の8月に適当に描いたイラスト。「Summer Girl」っていうタイトルにも適当感が漂いますが、これじゃなくて気に入ってた画も投下したのにそれは流れてしまった・・・なぜ?  水彩画スケッチアプリ「Tayasui Sketches」のコミュニティには「Last posted(新規投稿)」「 ...

長年のコンデジユーザーにしてみれば、昨今の市場縮小はちょっと寂しい。  スマホのカメラが高性能化し、ミラーレス一眼の普及に伴ってコンデジの市場は縮小の一方のようです。私は特にカメラファンでもありませんし、カメラで作品写真を撮るつもりもさらさらありません ...

中学生から弾き続けているギターは「相棒」というより「体の延長」のようなもの。デスク脇に常に立てかけてあって、気が向いたらいつでも弾けるようにしています。(ベースは手放しちゃいましたが。笑)  私はアマチュアバンドを長きにわたってやってきたのですが、音楽 ...


〈PR〉
〈PR〉

〈PR〉
〈PR〉








↑このページのトップヘ