adobe_cc

Creative Cloud 同期済みファイルの提供が終了します。

 2024 年 2 月 1 日をもって、Creative Cloud エンタープライズ版や Creative Cloud グループ版のビジネスアカウントに関連付けられていないすべての無料および有料個人ユーザーにおいて、Creative Cloud 同期済みファイルの提供が終了します。

 Creative Cloud の同期済みファイルとは何ですか?

 Creative Cloud では、個人ユーザーがローカルデバイス上の Creative Cloud ファイルというフォルダーにファイルを保存することができます。このフォルダーのコンテンツは、ローカルデバイス上で実行されるプロセスを介してユーザーのクラウドストレージに同期(コピー)できます。ファイルには、Creative Cloud ファイルという名前のフォルダー、または Creative Cloud web サイトのさらに起動メニュー(「同期済みファイル」オプション)を使用して、デバイスからローカルでアクセスできます。これらの手段を通じて Creative Cloud に同期されたフォルダーとファイルは、他の Creative Cloud ユーザーと共有される場合もあります。Creative Cloud 同期ファイルは、デバイス間でファイルを転送する手段として、Photoshop、Express、Rush、Fresco などの一部のアドビモバイルアプリケーションにも統合されています。

 同期済みファイルの提供が終了した後、新しい Creative Cloud 個人ユーザー(無料および有料)は、ファイルベースのアセットに Creative Cloud ファイル同期と関連のクラウドストレージを利用することができなくなります。

 アドビは、今後もクラウドドキュメント、 Creative Cloud ライブラリ、 Lightroom Cloud ストレージ、Frame.io クラウドストレージを使用した Creative Cloud でのクラウドストレージと同期を提供し、サポートします。これらのクラウドストレージソリューションはいずれも、この変更の影響を受けません。

(引用:Adobe公式サイト:Creative Cloud 同期済みファイルの提供終了


 Adobe Creative Cloudを各デバイス間のファイル同期用(Google Driveなどと同様の使い方)として使用しているユーザーは、2024年2月1日以降それができなくなるという通達がAdobeからありました。

 はっきり言って改悪です。なぜならAdobeCCを有料で使用しているユーザーは、web上に100GBものクラウドストレージを無料で使用できたのに、今後それが使えなくなるという話だからです。ただ、各アプリケーション上でファイルを共有している場合はそのまま使えるそうです。つまり「Adobeの各アプリケーション搭載の機能によるファイル共有と同期には使えるが、クラウドストレージ(ファイル置場)としては使えない」ということになります。

 であれば代替のクラウドストレージサービスを探さなければなりません。そうなると使い勝手と信頼性の面から結局Google Driveになります。課金は嫌なのでとりあえずは無料で4アカウント分(15GB×4=60GB)を使うしかないですね。

 はーっ。なんでこんなセコイことを・・・。Adobeはこんなことばっかりしている。で、またしれっとサブスク料金を上げたりするんでしょ?もういい加減にして欲しいですね。